カメルーンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

カメルーンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、カメルーン国旗イラスト素材などを解説いたします。

カメルーンの国旗

国名の正式名称

カメルーン共和国

カメルーンを表す漢字一文字

国旗の色の意味

カメルーンの国旗は、アフリカ諸国の国旗に使用する色をベースにしています。左から緑・赤・黄色の順番に縦三分割、真ん中の赤い部分に黄色い星が1つ描かれています。緑は南部に広がる森を象徴とし、国家繁栄への願いが込められています。赤は独立の際に流れた血を表わし、星は統一された絆と栄光を示しています。黄色はサバンナや太陽を意味しています。

国旗の特徴

現在の国旗は1975年から使われていますが、植民地時代も含め4回ほどデザインを変えています。第1次世界大戦前のドイツ領時代は、ドイツ国旗をベースとし中央に像が描かれていました。北西部がイギリス領だった時代は、イギリス国旗をベースにバナナのワンポイントが入った国旗が使われています。1960年に独立を果たした際、緑・赤・黄色で縦三分割のデザインとなりました。第2次世界大戦後はフランス領とイギリス領に東西が分割され、緑の旗竿側上部に2つの星を描いた国旗となっています。カメルーンは独立して1つの国に認められるまで、占領されるたびに国旗のデザインを変える不遇の時代を過ごしています。

国旗の色(色番号)

  • 名前
  • 笑夢望真(Mboma)
  • 誕生日(国旗制定日) 5月20日
  • 星座 おうし座Taurus
  • 身長 178cm
  • 血液型 B
  • 戦い方 パワー型
  • 得意な構え 正眼の構え
  • 利き手 右手
  • エムボマ。サムライ集団「奇跡の子」の一人。木刀は自分で削って作ったもので、おしゃれが大好きで自分で作ったりハイブランドなどを好んで着るオリジナルセンスを持つ。また占いと願掛けが大好き。占いアプリはかかさず毎日5個以上やりその日の運勢を総合的に調べるくせがある。

カメルーンの特色

カメルーンの特色をまとめてみました。

カメルーン国旗擬人化画像

国の特色・気候

カメルーンはアフリカ中部に位置する共和国です。ナイジェリア・チャド・中央アフリカ・コンゴ・ガボン・赤道ギニアと国境を接し、西部に火山帯が走っています。南部の高地は熱帯雨林で降水量が多く、3月~10月はモンスーンも吹きます。北部には半落葉樹雨林や半砂漠地域もあり、高温乾燥のステップ気候です。中部のサバナ気候には8月~10月の雨季と、6月~8月・11月~3月の2度乾季が訪れます。

特産物や歴史的建造物、有名な建築物など

口当たりの柔らかい「アラビカ種」と呼ばれるコーヒー豆や、鮮やかな生地で作られた織物が有名です。他にも「アフリカの万能薬」と言われるシアーバターは、スキンケア用品としても知られています。最大都市のドゥアラには、19世紀にベルー族の王宮として造られた「ベル王宮」が残されています。アジアンテイストの左右非対称な建物は、当時の流行を表しているでしょう。1936年に建てられた聖ペテロ・聖パウル大聖堂は、バロック様式を用いた美しい教会です。

素敵な文化

カメルーンには250以上の民族が暮らし、キリスト教やイスラム教など信仰の違いで文化圏が分かれる場合もあります。公用語はフランス語と英語ですが、先住民族はファン語やフラニ語などの土着言語を話します。卵にスパゲティや野菜を入れて焼いた「オムレットスパゲティ」、焼き魚にキャッサバの葉で包み発酵させた餅を添える「ポワンソブレゼ」など、ヨーロッパの食文化と昔ながらの郷土料理を味わえる多様性があるでしょう。比較的治安も安定し、音楽や文学にも著名人が輩出されています。

その他のアフリカ大陸の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。