ナイジェリアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ナイジェリアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ナイジェリア国旗イラスト素材などを解説いたします。

ナイジェリアの国旗

国名の正式名称

ナイジェリア連邦共和国

ナイジェリアを表す漢字一文字

誕生年

1960年

国旗の色の意味

ナイジェリアの国旗は、緑・白・緑の縦三分割国旗です。この色のそれぞれの意味は、緑は農業と豊かな森林を表しており、白は平和と統一を意味しています。 この平和と統一というシンボルは国章にも反映されており、リボンの標語にも盛り込まれています。

国旗の特徴

ナイジェリアの国旗の特徴は汎アフリカ色ではなく、緑・白・緑の縦型3色国旗です。ナイジェリアは、長い間イギリスに占領されていたこともあり、国旗が正式に採用されたのが1960年でした。ナイジェリアの国旗には中央に白色が使用されていますが、この色の意味は平和と統一を表しており、このことはナイジェリアが過去数千年間に多数の王国や部族集落が存在していました。 しかし、19世紀にはイギリスによって植民地支配をされてしまいました。この時にナイジェリアはイギリスの行政システムを設置した上で多くの部族を一括に統治していました。1960年に独立時に平和と国の統一を願いこの色を採用しました。ナイジェリアの国章は、黒い盾を2頭の白馬と赤い鷲が支えているデザインです。中央に描かれている黒い盾には白いY字型の模様が描かれており、この白いY字はナイジェリアに流れているベヌエ川とニジェール川を意味しています。 黒い盾はナイジェリアの良質な土を表しており、左右には白い馬が配置されています。この2頭の馬は気品の高さを表しています。盾の上の鷲は権力を表す赤い鷲が配置されており国旗カラーの布リースが描かれています。 地面の黄色い花は、ナイジェリアの国花のアヤメ科コスタス・スぺクタビリスが配置されており、英語で「統一と信頼、平和と進歩」の標語が記されています。

ナイジェリアの地図

国旗の色(色番号)

#d0dad5 #74a48c #94b6a2 #84ac94

ナイジェリア国旗の意味や由来

ナイジェリア国旗の意味や由来をまとめました。

ナイジェリア国旗の由来

ナイジェリアはアフリカ最大級の人口の1億9000万人を抱える世界人口7位の国家であり、様々な部族が存在している多民族国家です。ナイジェリアは、紀元前から様々な民族が国家を統一し興廃を繰り返してきました。ナイジェリアが植民地化されたのは1472年にポルトガル人がラゴスという都市を建設し、アフリカにおける奴隷貿易の中心地としてスタートしました。

17世紀から19世紀を通じて、ポルトガル人、イギリス人を主体とするヨーロッパの貿易商人たちが、南北アメリカ大陸へ送る奴隷の増加に伴い海岸に多くの港を建設し、彼らはナイジェリアの海岸部を「奴隷海岸」と呼びました。19世紀にはイギリス軍が奴隷売買を禁止し、商品貿易に取ってかわられ、ジョージ・トーブマン・ゴールディ卿らによる貿易会社を「王立ニジェール会社」とし諸特権を与え、ナイジェリア一帯の支配を開始されました。

19世紀末にナイジェリア内部に存在していた王国や帝国は全てイギリスに滅ぼされナイジェリアはイギリスに完全植民地化されました。この時に統治した地域は英領ニジェール海岸地域として旗が制定されました。この旗には、フライに王冠と英国略式紋章と地域名を記した白い円形紋章を配した英国青色船舶旗が1900年まで使用されていました。その後は1914年からナイジェリアは統一され新たな旗が制定されました。その際の旗は、フライに王冠と地域を記した緑のソロモン印章を入れた赤い円形地域章を配した英国青色船舶旗が制定されました。

1960年には、第一次世界大戦後の旧ドイツ帝国植民地でイギリスの信託統治領となっていた西カメルーンの北部を編入して、それぞれが広範な自治権を有する北部州・西部州・東部州の3地域の連邦制国家として、完全独立を果たしました。独立当時は、イギリス女王を元首とするイギリス連邦王国でしたが、1963年に連邦共和国憲法を制定し、大統領制に移行し、その後現在の国旗が制定されました。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

ナイジェリア国旗のデザインは公募で行われ、1959年に行われた国旗デザイン・コンテストが行われたのです。この国旗をデザインしたのは当時英国に留学中だった学生のミカエル・タイウォ・アキンクンミ氏によるものです。彼は飛行機から見下ろした国土と森林に着想を得たと言われています。まさに飛行機に乗って留学した留学生らしい着想のきっかけと言えますよね。

誕生した背景

ナイジェリアの土地には過去数千年に多数の王国や部族集落が存在してきました。現在のナイジェリア共和国は、19世紀以来の英国による植民地支配と1914年の南部・北部それぞれの保護領の合弁により誕生しました。ナイジェリアは1960年に正式に独立し、1967年から1970年には内戦に陥りそれ以来は、選挙による民主政権とクーデターで誕生する軍事独裁政権が交互に続きました。民主政権が安定したのは1999年で、2011年に大統領選挙が初めて公平に行われました。

国の特色・人種構成

ナイジェリアは、世界第7位の人口と経済規模から「アフリカの巨人」と称されるほどの経済大国であり、若年人口も世界トップクラスの国家。また、多民族国家でもありその民族グループは500を超えそれぞれの文化を持っています。ナイジェリアの公用語は主に英語であり、宗教は北部と南部で分かれています。北部はイスラム教が中心。南部はキリスト教が中心です。

アフリカ屈指の経済大国であるナイジェリアは、世界第20位の経済国であり、またアフリカ経済の4分の1を占める規模を持っています。ナイジェリアの主な収益は世界有数の原油国の特徴を活かしたエネルギー事業であったが、近年は原油輸出の割合は減少しており、代わりにサービス業や不動産・金融業にシフトしてきており、今後はIT産業も順調に多角化経済へ成長しています。

ナイジェリアの国旗

ナイジェリア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ナイジェリアのフリー素材1
ナイジェリアのフリー素材2

ナイジェリア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ナイジェリアのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。