セネガルの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

セネガルの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、セネガル国旗イラスト素材などを解説いたします。

セネガルの国旗

国名の正式名称

セネガル共和国

セネガルを表す漢字一文字

誕生年

1960年

国旗の色の意味

意味においては、国の思想が含まれることが多い。それが国の性格と違っていてもこの思想だ、そうなんだという国もある。 国旗の意味において、日本は世界一シンプルであるが(世界一ダサいという声もおおい)セネガルもシンプルで現在の国の状況ともしっかりとリンクしている風合いがとても良い。 レッド、イエロー、グリーンの汎アメリカ色、ラスタカラーを縦の三分割にしているのは旧宗主国であるフランスの国旗とおなじ仕様になっている。 いろどりの良いパプリカのようなこのラスタカラー。その中央にある星は、国民の団結、希望、そして自由を表している。レッドにはこれまでにセネガルのために流れた血の色、人への想いや無くなった人へのレクイエム、生命の清らかさと美しさと強さを表している。グリーンには国土の農業や豊かな希望の意味のほかにムスリムにとって預言者の旗の色、キリスト教信者にとっては希望の色としてグリーンが用いられている。同じ気持ちの人間同士は仲良く血から合わせていこうぜ!というセネガルの国民性が現れている。イエローは金色、ゴールドとしての意味合いで使われている。国家の富の象徴としてのゴールド。最も重要な国家の発展へ向けての経済発展、労働生産、文芸や教養や教育などの高い価値を表している。

国旗の特徴

セネガルの国旗の特徴は、なんといってもラスタカラー仕上げなところ。 レッド、イエロー、グリーンのラスタ三原色で構成されている。これだけで熱帯な風合いが、太陽がビシビシ降り注ぐ気候が想像できる。 このラスタカラー仕上げの国旗は特に多い。似ている国旗も多いが特にカメルーンとはややこしいほど似ている。熱帯の情熱のパッションとファミリー愛に長けているお国柄は似ている国旗の国々の共通点でもある。汎アフリカカラーともいわれるラスタカラーにはそういった意味も含まれている。

セネガルの地図

国旗の色(色番号)

#047435 #e41c20 #dc101c #dc1c1c

セネガル国旗の意味や由来

セネガル国旗の意味や由来をまとめました。

セネガル国旗の由来

国として、これから発展していこうという思想がこめられているセネガルの国旗。レッド、イエロー、グリーンの汎アメリカ色、ラスタカラーを縦の三分割にしているのは旧宗主国であるフランスの国旗とおなじ仕様になっている。フランスが由来となっている。

国旗の中央にある星は、国民の団結、希望、そして自由を表している。レッドにはこれまでにセネガルのために流れた血の色、人への想いや無くなった人へのレクイエム、生命の清らかさと美しさと強さを表している。グリーンには国土の農業や豊かな希望の意味のほかにムスリムにとって預言者の旗の色、キリスト教信者にとっては希望の色としてグリーンが用いられている。同じ気持ちの人間同士は仲良く血から合わせていこうぜ!というセネガルの国民性が現れている。イエローは金色、ゴールドとしての意味合いで使われている。国家の富の象徴としてのゴールド。最も重要な国家の発展へ向けての経済発展、労働生産、文芸や教養や教育などの高い価値を表している。

 

国旗にまつわる面白エピソード・風習

セネガルには平和の象徴のすばらしくもちょっと面白い、さもその風習に憧れはするが、実際問題はどうなんだろう?というものがある。その名は「テランガ」。おもてなしという意味を持つ「テランガ」という名の風習。

セネガルの人とお近づきになると、そう、知り合いになるとすぐに「家にご飯を食べに来なよ、ブラザー」、「一緒に昼寝でもしようじゃないか」と言うお声がけがごくひんぱんに交わされる。知り合いがもし、自分がご飯を食べている店の前を通ると「オー!ブラザー!こんなところで何してるんだ!ほら、さあ、こっちに来て一緒に食ようぜ」と誘ってくれる。

町行けば、知り合いたちは「暑いのに帽子もかぶらず大丈夫か?ほら、この帽子もってけよ」と声をかけてくれたり、バスに乗っていると「やあ!こっちおいでよ!疲れただろう、ここ座りなよ」と席を譲ってくれたりもする。

そんな他人への愛が豊かなセネガルの皆さんは時に、おもてなしや周りの人への心配りが過ぎて自分の口座のお金がなくなっているということも少なくないと、日本の合理主義的風潮では考えられない風習である。

憶測の部分はあるが、セネガルの人口の約90パーセント以上がイスラム教の教えの影響をうけているというのもあるはず。それに加えて、「自分のもの」と「他人のもの」という境界線が、セネガルのテランガの前ではあまりたいした意味を持っていないというかんがえになる。そしてセネガルという国の社会の中で、ものをみんなで共有するという行為は、親しさの象徴でありすばらしいものという意味を持っているように感じる。

あと、セネガルは風習というか食文化として日本と強く共通する部分がある。お米が主食ということだ。日本人好みのカレーのようなソースや煮込み料理を大胆にご飯にかけて食べる。セネガルを訪れた日本人はこぞっておいしいおいしいと口から出るほど、食文化は日本人にも合うという。

セネガル国旗に似てる国旗

汎アフリカ色であり、ラスタカラーであるレッド、イエロー、グリーンを用いた国旗はけっこう多い。セネガルに似ている国旗は、これがまた、多い。まず、マリから独立した国が独立してセネガルという流れから、マリ共和国とは中央の星を除けばまったく同じ国旗デザインとなっている。マリの国旗にセネガルは星を付け加えただけ。といえば、そう。ただし、考え方で物は変わるもので、結果的にはルーツへの敬愛と感じられる。

カメルーンとは、同じ縦の三分割で同じ色構成でいて、色の配置こそ違えど真ん中に星を配しているところまで同じ。さらっと見ただけでは「ん?どっちがどっちだっけ?」となるほどに似ている。

色の並びの分割を横三分割にして真ん中に星を配しているのがガーナ。見分けはつくが、なんだか同じ様子だな・・・という感は否めない。ギニア、マリ共和国、カメルーンにセネガルは、正直言うと、ごっちゃになる。ラスタカラーの縦三分割で星があるかどうかという似ている複雑さは同時に見るとわけがわからなくなる。よーく、似ているといえる。

誕生した背景

古くの話になるが、セネガル共和国が現在ある場所には、旧石器時代のころから人々が普通に生活をしていた。その後、9世紀の初頭あたりから近隣国であるマリ王国やイスラム諸国などとの国交、貿易などで右上がりに国家は繁栄し、テクルール王国やジョロフ王国といった国が誕生しました。11世紀のころには、現セネガルにイスラムが伝来してき、現在では人口の90パーセント以上がイスラム教徒となっている。14世紀の後半から16世紀初頭にかけて、ガンビア川から北ののセネガルの一部をリンゲールに首都を置くジョロフ王国が独立し、国交、交易が盛んとなり大きく栄えることに。

15世紀半ばに、ポルトガル人たちがヨーロッパ粋の人種として初めてセネガルを訪問した。これがきっかけ、皮切りとなり、1848年に奴隷制度が廃止とされるまでのあいだ、セネガルは西アフリカにおける奴隷貿易の拠点の一つとして機能していくことに。元来、ジョロフ王国には厳格でとても強固な社会的カースト制度が存在し、その最下層であった奴隷の人々、それに戦争の捕虜などがポルトガルとの貿易において差し出されていたという現実も歴史上ではかかせない話である。その後、オランダ、イギリスなどの競争を経て、1659年、フランスがサン・ルイに商館を建設。そして1677年にフランスがオランダからゴレ島を奪還したその時から、セネガルにとってフランスの影響がとても色濃くなり、1815年にはセネガルが正式にフランスの植民地となった。

その後1960年にセネガルはフランスから正式に独立し、セネガル共和国として単独国家になる。独特な風習を持つセネガルは西アフリカ諸国の中では最も安定した民主政治を保持し、現在へと至る。

国の特色・人種構成

特色:アフリカ大陸の端に位置し、日本との時差は9時間。気候は、雨季と乾季のある乾燥した気候である。海を手前にした国でもあるため、海岸線沿いは気候のムラの部分があまり感じられず比較的に過ごしやすい。雨季の雷雨はとにかくすさまじいという。その激しさは日本の台風にもたとえられ、雨と風にすき放題あらされる感じともいう。ただし、そのあとすぐに晴れることが多い。変わり目も激しい。乾季になるとあのあらしはどこへというくらい雨が降らない。

人種構成:ウォロフ人42%、セレール人15%、プル人14%、トゥクロール人9.1%、ジョラ人5.3%、マンディンカ人4%、ソニンケ人1.7%、バンバラ族1.2%、ムーア人1%

仲の悪い国・仲のいい国

パリ・ダカールラリーといえばパリしかピンとこず、ダカールって・・・みたいな時期をずっと過ごしてきたが、セネガルの首都なんだと知ったときは驚いた。フランスから派生という意味ではなく、独立したセネガルは今でもフランスとの関係の深さは確かなものである。モーリタニアとガンビアとは激しく対立しています。セネガル・モーリタニア紛争では、紛争によって数万人ものセネガル・モーリタニア両国の国民が相互に国外追放されたという経緯もある。

お隣の国であるガンビアとは、国家連合も形成していたほど仲が良い。その連合の名前が「セネガンビア国家連合」。二つの国を混ぜて、テレビデオみたいな発想のネーミングも一体感があって仲の良さがうかがえる。

セネガルの国旗

セネガル国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

セネガルのフリー素材1
セネガルのフリー素材2

セネガル国旗の画像(フリー・商用利用可能)

セネガルのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。