キューバの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

キューバの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、キューバ国旗イラスト素材などを解説いたします。

キューバの国旗

国名の正式名称

キューバ共和国

キューバを表す漢字一文字

誕生年

1959年

国旗の色の意味

「青の横3本線」は”スペイン統治下における3つの軍政地域”を、 「白の2本線」は”純粋な愛国心”、あるいは、”国家の独立”を、 「赤の三角形」は”強さと普遍性”、あるいは、”自由・平等・博愛”を、 「白の星」は”独立”、あるいは、”祖国の理想の純粋さと高潔さ”を、 シンボライズしております。 なお、「赤の三角形」には”フリーメイソン”を象徴しているという説もあります。

国旗の特徴

青3本、白2本の横ストライプ。 竿部に赤い三角形。その中央に白い五芒星。 ちなみに同じカリブ海にあるアメリカ領プエルトリコの旗は青と赤の配色がまったく逆になっているだけで、後はすべて同じです。 ともにアメリカがスペインから獲得した植民地であることに由来していることが理由と言われております。

キューバの地図

国旗の色(色番号)

#ca1224 #c6c3ca #34146c #8c94bc

キューバ国旗の意味や由来

キューバ国旗の意味や由来をまとめました。

キューバ国旗の由来

スペイン統治からのキューバ解放運動が起こった時にそれを主導した人がおります。ナルシス・ロペスといいます。彼は何度もスペインへの反乱を企てますが、結局はいずれも失敗し、最後は捕まって刑死してしまいます。

1849年そんな彼がトロンという詩人から提案を受け、旗として採用いたしました。それを縫い上げたのはロペスの奥さんだといいます。にしても、ロペスらはアメリカに併合されることを目指していたわけで、「アメリカ国旗」にどことなく似ているのは頷けますね。そして、この旗が現在のキューバ国家のデザインの元となったとなりました。なお、今のキューバ国旗の制定されたのはスペイン支配を脱した1902年のことであります。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

2015年7月20日、ワシントンD.C.にあるキューバ大使館になんと54年ぶりにキューバの国旗がひるがえりました。よく知られている通り、アメリカとキューバが国交回復したんですね。かつては「キューバ危機」と呼ばれる核戦争一歩手前ほどの緊張状態を演じた両国ですが、ついに雪解けの時が訪れたんですね!

この日はたくさんの観衆や記者が訪れ、国旗が掲揚された時には、「ビバ!キューバ!」の歓声が大使館職員の口々から上がったようです。しかし、アメリカでトランプ政権が発足して以来、アメリカ人によるキューバ渡航や、アメリカ企業によるキューバ軍管理下の企業との取引などへの規制をかけ、かつての友好ムードは停滞しております。

誕生した背景

1492年クリストファー・コロンブスによって「発見」されると、スペイン人が続々と入植してきます。1511年にはベラスケスひきいる遠征隊によって「征服」。その後スペイン人による苛酷な強制労働・虐待さらには彼らが持ってきた疫病によって先住民のほとんどが死に絶えたといわれます。

19世紀にはいると、スペインのくびきを脱し、アメリカに編入を求める運動が高まってまいります。そして、キューバに独立戦争が勃発すると、アメリカが介入。スペイン軍を駆逐してしまいます。しかし、アメリカによる入植は政治家の汚職の頻発などがからんだり、アメリカ企業の搾取があまりにも苛烈であったりと、キューバ国民の不満はまた次第に高まってゆくこととなりました。そこで立ち上がったのが元弁護士のフィデル・カストロや元医師のチェ・ゲバラなど。

彼らはレジスタンスを指揮してゲリラ戦を展開!政府側を翻弄します。やがて1959年首魁バティスタを国外逃亡に追い込み、「キューバ革命」は成りました。その後、キューバはフィデル・カストロの指導の下、社会主義陣営に属して国家運営をしてゆくことになります。

国の特色・人種構成

資本主義の影響がほとんどなかったため、かえって朴訥とした前近代的な文化が色濃く残り、「最後の楽園」などと呼ばれたりします。確かに、わたしたちは当たり前に先進文明に浸されて暮らしておりますが、モノのない暮らしは、その分、わずかに限られた資源を極限まで有効活用しようとし、人と人の助け合い精神などを大事にしようといたします。わたしたちの置き去りにしてしまったものがそこにはたくさん残されているのかもしれません。

キューバ人はラテン国家にありながら、割とまじめな国民性だと伝えられております。スポーツではバレーボールや柔道・レスリング・ボクシング・陸上競技・野球などが有名。特に野球はキューバの元指導者あのフィデル・カストロさんが好きで、国内の野球の発展になみなみならぬ影響をもたらした、として知られております。カストロさんは若いころアメリカのメージャーリーガーの入団テストを受けているんですね。

かつてスペインの苛政や持ち込んだ疫病などによって先住民族の人々は現在のキューバにほとんどいません。その替わり、白人系と黒人系の混血であるムラートが全体の約4割。欧州系白人が約5割。黒人が約1割。で構成されております。

キューバの国旗

キューバ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

キューバのフリー素材1
キューバのフリー素材2

キューバ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

キューバのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。