カメルーン

知識は富よりも優れる

カメルーン共和国

笑夢望真(Mboma)

CV準備中

誕生日5月20日

身長178

血液型B

趣味動物観察

特技250以上の言語を使い分ける

苦手我慢

好きな食べ物タピオカスイーツ

VOICE

準備中

PERSONALITY

エムボマ。サムライ集団「奇跡の子」の一人。

 

木刀は自分で削って作ったもので、おしゃれが大好きで自分で作ったりハイブランドなどを好んで着るオリジナルセンスを持つ。

 

また占いと願掛けが大好き。

占いアプリはかかさず毎日5個以上やり、その日の運勢を総合的に調べるくせがある。

THREE-VIEW DRAWING

カメルーンについて

国旗の由来

"カメルーンの国旗は、アフリカ諸国の国旗に使用する色をベースにしています。
左から緑・赤・黄色の順番に縦三分割、真ん中の赤い部分に黄色い星が1つ描かれています。

緑は南部に広がる森を象徴とし、国家繁栄への願いが込められています。
赤は独立の際に流れた血を表わし、星は統一された絆と栄光を示しています。
黄色はサバンナや太陽を意味しています。

現在の国旗は1975年から使われていますが、植民地時代も含め4回ほどデザインを変えています。
第1次世界大戦前のドイツ領時代は、ドイツ国旗をベースとし中央に像が描かれていました。
北西部がイギリス領だった時代は、イギリス国旗をベースにバナナのワンポイントが入った国旗が使われています。

1960年に独立を果たした際、緑・赤・黄色で縦三分割のデザインとなりました。

第2次世界大戦後はフランス領とイギリス領に東西が分割され、緑の旗竿側上部に2つの星を描いた国旗となっています。

カメルーンは独立して1つの国に認められるまで、占領されるたびに国旗のデザインを変える不遇の時代を過ごしています。

国旗の特徴

現在の国旗は1975年から使われていますが、植民地時代も含め4回ほどデザインを変えています。

第1次世界大戦前のドイツ領時代は、ドイツ国旗をベースとし中央に像が描かれていました。
北西部がイギリス領だった時代は、イギリス国旗をベースにバナナのワンポイントが入った国旗が使われています。

1960年に独立を果たした際、緑・赤・黄色で縦三分割のデザインとなりました。
第2次世界大戦後はフランス領とイギリス領に東西が分割され、緑の旗竿側上部に2つの星を描いた国旗となっています。

カメルーンは独立して1つの国に認められるまで、占領されるたびに国旗のデザインを変える不遇の時代を過ごしています。

国旗の色の意味

カメルーンの国旗は、アフリカ諸国の国旗に使用する色をベースにしています。
左から緑・赤・黄色の順番に縦三分割、真ん中の赤い部分に黄色い星が1つ描かれています。

緑は南部に広がる森を象徴とし、国家繁栄への願いが込められています。
赤は独立の際に流れた血を表わし、星は統一された絆と栄光を示しています。
黄色はサバンナや太陽を意味しています。