フィンランド

オオカミを逃すと熊がやって来る

フィンランド共和国

雷弧念(Räikkönen)

CV準備中

誕生日12月6日

身長176

血液型B

趣味森林浴

特技フィヨルド作り

苦手電磁波

好きな食べ物きのこ

VOICE

準備中

PERSONALITY

スカンジナビア兄弟の末っ子。愛称は「あお君」。

甘えん坊だが観察眼があり頭が切れる。またイタズラ好きだがよくアニキに怒られる。

 

サウナと森林浴が趣味で考え事をするときは一人で森奥深くを散歩している。

クリスマスはサンタに扮して世界を駆け巡ることもある。

 

口癖は「左からノルウェー!スウェーデン!フィンランド!」

銀の刀を使いスウェーデン(イングヴァル)とオーロラ連携技を得意とする。

THREE-VIEW DRAWING

フィンランドについて

国旗の由来

フィンランドは、約600年に渡りスウェーデンの支配下にあり、スウェーデン王国の一部でした。

その後ロシアとスウェーデンが大北方戦争や第2次ロシア・スウェーデン戦争などで激突しました。
その結果として、スウェーデンは敗北し、フィンランドはロシア帝国に割譲され、フィンランドはロシア領になりました。
その際にロシア皇帝は、フィンランド人に自治権を与えロシアの属国であるフィンランド大公国を建国しました。

しかし、国旗に関してはいずれも宗主国の国旗を使用しており、最初にフィンランドの国旗が最初に使用されたのは、1848年でした。
この国旗のデザインは、白地にフィンランドの国章を置き、その周りに月桂樹の葉を配置したものでした。

現在の青い十字が描かれているデザインが初めに使われたのは、1861年に結成されたヘルシンキのヨットクラブにおいて、フィンランド国内で使用されました。
当時は、青い十字に加えて王冠を付けたウーシマー州の州旗を描いていました。

国旗の特徴

現在の国旗のデザインは、1918年に詩人トペリウスが考案した国旗を採用しています。
中央に青字のスカンジナビア十字を描いた白旗です。このスカンジナビア十字は、デンマークが最初に使用したと言われています。
実際にフィンランドはスウェーデンに1155年から支配されてきましたが、その宗主国のスウェーデンも黄色のスカンジナビア十字を国旗のデザインにしています。

一方でロシアは、北欧ではないため、国旗には入れていません。
フィンランドが、正式にロシアから独立したのが1917年のため、それまでは、ロシア国旗とスウェーデンの国旗でした。
ロシア時代は大公国、スウェーデンは自治領の扱いだったため自国の旗を持てませんでした。

1917年のデザインは、中央に黄色い王冠を被り、曲剣を足で踏みつけ右手で直剣を振り上げる黄色のライオンと、9つの白バラを描いた赤旗です。国章は、赤い盾型で、中は国旗と同じデザインで、上部に王国を示す王冠を描いています。
しかし、翌年に共和制に移行したため、国旗が現在のデザインに変更になりました。

フィンランド王国時代のデザインは変更を加え、現在の国章に受け継がれています。9つの白バラは独立当時の9つの旧地方を表し、隣国ロシアの曲剣を踏みつけていることを表しています。

国旗の色の意味

フィンランドの国旗のデザインは、青のスカンジナビア十字が描かれた白旗ですが、この色の意味は、青はフィンランドにある数千の湖や海を表しており、白は国土を覆う雪を表しています。
この色の組み合わせは、100を超えるフィンランドの州旗で使用されています。