スイスの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

スイスの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、スイス国旗イラスト素材などを解説いたします。

スイスの国旗

国名の正式名称

スイス連邦

スイスを表す漢字一文字

国旗の色の意味

「赤」は”力”と”主権”、さらには”戦場で流れた血”を、 「白十字」は”キリスト教”を、 表しております。

国旗の特徴

縦:横の比率が1:1。 国連方式の国旗は2:3。 赤地の中央に白い十字。 実は、この白十字、縦横同じ比率ではありません! 縦が横より6分の1長くなっております。 しかも、横棒の位置が縦棒のど真ん中を通っているのではございません。 ほんのちょっと上を通っております! 理由は納得。 “キリストが処刑された時の十字架をかたどっているから”だといわれております。 「フィデラル・クルス(連邦十字)」の愛称で親しまれております。

国旗の色(色番号)

#b42424 #bc2323 #b3221a #f1dcda

  • 名前
  • 弟遊都梅羅(Dudweiler)
  • 誕生日(国旗制定日) 12月12日
  • 星座 いて座Sagittarius
  • 身長 175cm
  • 血液型 O
  • 戦い方 支援型
  • 得意な構え 八相の構え 
  • 利き手 右手
  • デュッドヴァイラ。旗本たちにはディー君と呼ばれることが多い。性格は中立公平で誰に対しても真摯に向き合う。ただ誰ともある程度の距離を置いているので、全体的に見通す力がある。メンバーの中でも特殊で、傷ついた旗本を回復させる唯一無二の技をもつ。「世界のヒーラー」といっても過言ではないかもしれない。
    好きな食べ物はモンブラン。モンブラン作りも得意でウイル(イギリス)とはお菓子対決をたまにすることもある。

スイス国旗の意味や由来

スイス国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

スイス国旗の由来

スイスの国旗を見て、まず最初に「なぜ?」と思うのが、その正方形ですね。
ほかの国はたいがい横長なのに、なぜこの国だけ?
ローマ帝国の旗に由来しているんです。
かなり古い伝統があるんですね。
ちなみにほかに正方形の国旗がないかというとバチカン市国があります。
そして、気になるのがこの特徴的なデザインです。
1240年神聖ローマ帝国皇帝フレデリック2世によってシュビーツ州にこの紋章を与えたのが起源だといわれております。
ただ、その後も連邦に属する各州は個性が強かったので、今のような統一の国旗が制定されたのは1889年のことです。
それまでのうん百年という長い間、軍隊は「同盟の印」として白十字を服や軍備品にあしらいながら、各州の旗を掲げていたようです。

スイス国旗擬人化画像

国旗にまつわるエピソード・風習

「”赤十字”ってスイスの国旗と似てるな」
と思われる方はたくさんいらっしゃるのじゃないでしょうか。
それもそのはずです。
赤十字というのはスイス出身の方が創始者なんです。
そのため、母国に敬意を表してスイス国旗の色を逆にしたものをマークにあしらっているんですね。
ちなみにこのマークは人道支援にものすごく大事になっていますから、世界的にも、
「むやみやたらにこのマークを使うことを禁ずる」
というルールがあるようです。
一般の病院や医薬品にすらむやみに使用されることは禁じられております。
気を付けましょう。
日本でも「基準薬局制度」が始められた時、看板に”赤地に白十字”というスイス国旗そのままみたいなデザインで発表しました。
ご心配なく。
スイスにきっちりとクレームを付けられました。
そのため、白地に青十字マークに変更したようです。

誕生した背景

古くからヨーロッパ中央部における交通の要衝であったスイス。
そこをハプスブルグ家が支配し、次第に圧政を加えるようになってゆきます。
1291年、「ウーリ」「シュビーツ」「ウンターヴァルデン」の三つの州が協力し、”自由と自治”を守るための「永久同盟」を結成いたしました。
現在、スイスではその8月1日を建国記念日に定めております。
次第に、周辺にあったほかの州が加わって、大きくなり、
1386年ゼンパハの戦いでスイス民兵がハプスブルグ騎士軍を撃破。
1389年にはついに実質的独立が達成されました。
さらにはハプスブルグ家劣勢のまま終わった三十年戦争後の1685年「ウェストファリア条約」が結ばれ、スイスの独立は国際的にも承認されることになりました。

国の特色・人種構成

スイスと言えばアルプスの山懐に抱かれた高原の国を思い浮かべます。
事実、マッターホルン・ユングフラウ・モンブラン、と誰もが一度はその名を聞いたことのある名峰が目白押しです。
一方で、スイスは「永世中立国」として知られます。
この国はイタリア人・ドイツ人・フランス人などによる多民族国家なので、有事の際に国が分断されることを嫌ってこのようなシステムを採用している、という説が有力です。
今でもこの国では地方によって使われる言語がバラバラ。
宗教でもカトリックとプロテスタントがほぼ半々です。

スイスの国旗

スイス国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

スイスのフリー素材
スイスのフリー素材2

スイス国旗の画像(フリー・商用利用可能)

スイスのフリー画像

その他の欧州の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。