スイス

笑顔は万病の特効薬である

スイス連邦

弟遊都梅羅(Dudweiler)

CV準備中

誕生日12月12日

身長175

血液型O

趣味祈り

特技時計組立

苦手

好きな食べ物チーズ

VOICE

準備中

PERSONALITY

デュッドヴァイラ。旗本たちにはディー君と呼ばれることが多い。

性格は中立公平で誰に対しても真摯に向き合う。

ただ誰ともある程度の距離を置いているので、全体的に見通す力がある。

 

メンバーの中でも特殊で、傷ついた旗本を回復させる唯一無二の技をもつ。

「世界のヒーラー」といっても過言ではないかもしれない。

 

好きな食べ物はモンブラン。

モンブラン作りも得意でウイル(イギリス)とはお菓子対決をたまにすることもある。

THREE-VIEW DRAWING

スイスについて

国旗の由来

スイスの国旗を見て、まず最初に「なぜ?」と思うのが、その正方形ですね。
ほかの国はたいがい横長なのに、なぜこの国だけ?
ローマ帝国の旗に由来しているんです。
かなり古い伝統があるんですね。

ちなみにほかに正方形の国旗がないかというとバチカン市国があります。
そして、気になるのがこの特徴的なデザインです。

1240年神聖ローマ帝国皇帝フレデリック2世によってシュビーツ州にこの紋章を与えたのが起源だといわれております。
ただ、その後も連邦に属する各州は個性が強かったので、今のような統一の国旗が制定されたのは1889年のことです。

それまでのうん百年という長い間、軍隊は「同盟の印」として白十字を服や軍備品にあしらいながら、各州の旗を掲げていたようです。

国旗の特徴

縦:横の比率が1:1。
国連方式の国旗は2:3。
赤地の中央に白い十字。

実は、この白十字、縦横同じ比率ではありません!
縦が横より6分の1長くなっております。
しかも、横棒の位置が縦棒のど真ん中を通っているのではございません。
ほんのちょっと上を通っております!

理由は納得。
“キリストが処刑された時の十字架をかたどっているから”だといわれております。

「フィデラル・クルス(連邦十字)」の愛称で親しまれております。

国旗の色の意味

「赤」は”力”と”主権”、さらには”戦場で流れた血”を、 「白十字」は”キリスト教”を、 表しております。