スウェーデンの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

スウェーデンの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、スウェーデン国旗イラスト素材などを解説いたします。

スウェーデンの国旗

国名の正式名称

スウェーデン王国

スウェーデンを表す漢字一文字

誕生年

1157年

国旗の色の意味

スウエーデンの国旗は青と黄色の2色ですが、この色の意味は、青はスウェーデンに広がる湖や空を表しており、黄色は、キリスト教と自由、独立などを表しています。この十字は、十字軍時代に制定されました。

国旗の特徴

スウエーデンの国旗の特徴は、黄色のスカンジナビア十字の青旗です。この色使いは、王室紋章の色に由来しています。青と黄色の色遣いは1200年代から使用されています。初めて国旗を制定した1157年から何度かの変更を経て今のデザインになりました。 金十字旗とも呼ばれることもあり、スウエーデンがデンマークの国旗に対抗して作ったとされています。スウェーデン王カール8世が元々の製作とされています。 現在の国旗のデザインになったのは、国章に描かれている盾が青色に金色の十字で区切られており、それがベースとなって現在の国旗になりました。現在の国章は、歴代の紋章を組み合わせた複雑な紋章になっています。 現在の国章は、スウエーデンを代表する青色に黄色の王冠3つフォルクンガー王家を表す青白波に王冠を被った黄色のライオン中央の盾には左がヴァサ王、右がベルナドット王を表す紋章です。サポーターは2頭の王冠を被ったライオンが描かれています。

スウェーデンの地図

国旗の色(色番号)

#facb12 #a69864 #a49c4e #c9ad4b

スウェーデン国旗の意味や由来

スウェーデン国旗の意味や由来をまとめました。

スウェーデン国旗の由来

国旗の由来は、1157年のスウェーデン十字軍において、フィンランドを征服し、国旗を制定しました。この際にエリク9世がフィンランドにおいて、青空に金色の十字架を見たという神話に由来しています。

1397年~1523年には、デンマークとノルウェーの3国でカルマル同盟を結成し、デンマーク王マルグレーテ7世が即位しました。
カルマル同盟の紋章の第2クォーター(右上)はカルマル同盟をさしており、青字に3つの王冠が描かれており、これは、今のスゥエーデンでも引き継がれている。

1523年にカルマル同盟より離脱し、独立しました。グスタフ1世が即位し、国旗のデザインを二つ尾になりました。1569年に王国布告によりこれ以降は、黄色十字がデザインとして固定されました。

1663年から二つ尾から三つ尾の旗いわゆる2重燕尾旗が使用されるようになりました。これは、軍旗と国旗のみ許されたため、商船旗は王室布告では認められなかったが、国旗をきって三つ尾を作りつかっていました。

1814年にデンマークからノルウェーを獲得し、連合王国になりました。1818年にベルナドット将軍がカール14世として即位しました。赤いカントンに白のX字中央には黄色のスカンジナビア十字が描かれている青旗に変更されました。

1844年に王国の決議により新しい旗と紋章が導入されることが決定しました。
これは立場が、同等であるとしたものでした。カントンにスウェーデンとノルウェーの両国の国旗を合わせたものを描いたものが制定されました。

比較的連合国はうまくはいっていましたが、19世紀終わりになるとノルウェーの不満がたまり、同時にスウェーデンでも国旗をもとに戻すことを求める運動が起り、1905年にノルウェーが同君連合より離脱して独立しました。
その翌年に今の国旗になりました。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

第1回スウェーデン十字軍においてスウェーデン王のエリク9世が、フィンランドの土地で、青空に金十字を見たという故事に由来されています。
この金十字は神からのメッセージであるとされ、エリク9世は自分の旗として使用しました。

この神話はよく使われていますが、現在まで残る十字軍の記録が無いこと、また16世紀中旬までこのデザインの旗について書かれた絵や記録が無いことが問題とされています。

このスウェーデンの国旗の起源は、共に戦ったデンマークに対抗したものではないかと言われています。この説では、スウェーデン王国のカール8世の時代に作られたと言われています。

その後は、1761年に王室布告で、青一色で三つ尾燕尾型の旗を軍艦旗として使用することが規定されました。
この旗は、領海内の群島の警備を行っていた水陸両用師団の小型船や小砲艦で掲げられたこの青一色の海上旗は1813年まで使用されました。

その後は、スウェーデン・ノルウェー同君連合が設立した際にノルウェー人には比較的好意的に受け入れられました。
しかし、スウェーデンにおいては、実際の所は国旗も国章も浸透しませんでした。

スウエーデンとノルウェーが合わさった国旗が制定された際には、ストックホルムのスウエーデン貴族会館においてBrakel卿がスピーチをして「sillsallatem」と一部で呼ばれました。
ニシンの酢漬けにレッドビートとリンゴを放射状に添えたカラフルな料理にちなんでつけられました。

スウェーデンの国旗掲揚は日中のみとされており、遅くとも9時までとされています。通常の旗竿に国旗を掲揚する際には、国旗の幅は竿の高さの4分の1のものを使用することが推奨されていす。

スウェーデン国旗擬人化画像

誕生した背景

スウェーデン王国は、北ヨーロッパのスカンディナヴィア半島に位置する立憲君主制国家。
首都はストックホルムで、西にノルウェー、北東にフィンランドと国境を接し、南西にカテガット海峡を挟んでデンマークと近接しています。東から南にはバルト海が存在し、対岸のロシア、バルト三国、ポーランド、ドイツとの関わりが深です。

1157年にスウェーデン国王エリク9世が、第1次スウェーデン十字軍においてフィンランドを征服し国旗を制定しました。
1397年から1523年までは、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンの3国でカルマル同盟を結成しました。

1523年にカルマル同盟から独立し、王政に変更しました。
その際に国旗を再認定しました。宗教改革も行いプロテスタントを受容し、バルト海へと進出します。17世紀には、バルト帝国を建国し、新大陸にも進出したことにより王国は最盛期を迎えました。

1700年に大北方戦争でロシアに敗北したことにより、バルト海沿岸の領土を一部失い、その後に起こった第2次ロシア=スウェーデン戦争でも敗北し、今度はフィンランドを失いました。

1814年にキール条約により、デンマークからノルウェーを獲得し、同君連合として支配開始しました。
この時に王政から立憲君主制へ移行しました。1818年にベルナドット将軍がカール14世として即位し、国旗変更。1905年にノルウェーが独立し、1906年に国旗変更現在の国旗になりました。

スウェーデンの国旗の歴史

  • スウェーデンの国旗の始まり
    1562年?
    スウェーデンの国旗の始まりについて、スウェーデン国旗にはあまり確かな情報が少ないということがわかっています。
    国旗の始まりについてが特にそうなっており、正確な記録が残っていません。
    国旗が描かれている最も古い絵画としては16世紀、この絵画の中で描かれている旗は、二ツ尾の燕尾型の旗でありました。
    また、最初に法的に国旗のデザインについて定められたのは、1562年4月19日に出された王室布告によるものが最初であるとされています。
  • 三ツ尾の旗へ
    1663年
    その後17世紀中ごろから、二ツ尾の旗にかわり、三ツ尾の旗が使用されるようになりました。
    1663年11月6日の王室布告によりますと、三ツ尾の旗だけ、三ツ尾の旗のみを国旗および軍艦旗として使用するようにという制定が決まりました。
  • ユニオンフラッグの旗へ
    1815年~
    1814年にスウェーデンはノルウェーとの連合王国となるスウェーデン:ノルウェーを作ることに成功します。
    そして1815年6月6日には、スウェーデンとノルウェー両国は軍艦旗を導入しました。この旗はスウェーデン:ノルウェー成立以前まで使用されてきた
    三ツ尾燕尾型のスウェーデンの軍艦旗ととても似た旗であり、それまでのスウェーデン軍艦旗のカントン部分に赤地に白のサルタイアーが書かれたものが追加されました。
  • 現在のスウェーデンの国旗へ
    1906年
    1906年6月22日に制定されました国旗やそれに類する事柄についての法律によって、国旗のデザインや使用についての規定が定められました。
    現在のスウェーデンの国旗は金十字旗と呼ばれており、青地に黄色(金)のスカンディナヴィア十字が描かれた旗となっています。
    青は澄んだ空、黄色(金)はキリスト教・自由・独立を表すといわれております。
    1157年にエリク9世がフィンランドとの戦いの際に青空に金十字を見たという故事に由来するとも言われていますが、これはまさに伝説の域であり政府見解ではそのことに
    触れられていません。
    1364年以来使用されたフォルクング朝の青地に金の王冠の家紋から色は由来すると言われる説もありますが、やはりここにも決定打が不足しているということになっています。
    1569年にヨハン3世が国旗類に黄十字を置く事命じ、現在の国旗の意匠の基本が固まったと言われています。
    クロスは縦横等分のクロスを「ギリシアクロス」、縦長のクロスを「ラテンクロス」といいますが、このデンマーク国旗のようにホイスト側寄り(旗竿側・左寄り)
    のクロスは北欧諸国の国旗に多いクロスで「スカンジナビアクロス」といわれています。
    1397年、デンマーク・ノルウェー・スウェーデンによって北欧同盟としてのカルマー連合(The Kalmar Union)が締結され、
    その時初めてスカンジナビアクロスが掲揚され、デザインの期限になったといわれています。
    ちなみに、スウェーデン周辺にあるほかの北欧諸国はどこもといっていいほどスカンジナビア十字を国旗に採用しているのでよく似ている戸いう話もちらほらあります。
    ですが、少しずつ色が違っているのでどの国の国旗にもそれぞれのしっかりとした意味が込められています。
    文和kも程遠い、距離も遠い国の日本人からするとノルウェー、スウェーデン、フィンランド、見分けもつきにくくよく似ていると感じる部分があるように感じますが、
    国旗が少しつ違うように、それぞれ文化や国民性も少しずつ異なっているのも北欧諸国の特徴です。

国の特色・人種構成

スウェーデンは北ヨーロッパに位置する立憲君主制国家です。スウェーデンの宗教は福音ルーテル教会が国教会と指定されており、国民の80%が所属しています。ルーテル教会はプロテスタントの一派で別名ルター派とも呼ばれています。

スウェーデンは現在成人3.1人で高齢者一人を支える少子高齢化社会になっていますが、人口は増加しています。
その要因は移民が流入してきているため、人口は流入超過になっており、出産ではなく移民によって人口が増加しています。

スウェーデンと日本は、日本が鎖国を行っていた1600年代から交流が始まり、正式に修好通商条約を結んで2018年に150年となりました。

スウェーデンの国旗

スウェーデン国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

https://goo.gl/DSis7i
https://2.bp.blogspot.com/-3YL1sLgvlg0/U2tIm_uVBeI/AAAAAAAAge4/ALOBKHq9MQ8/s800/Sweden.png

スウェーデン国旗の画像(フリー・商用利用可能)

https://goo.gl/DSis7i

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。