ウクライナの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ウクライナの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ウクライナ国旗イラスト素材などを解説いたします。

ウクライナの国旗

国名の正式名称

ウクライナ

ウクライナを表す漢字一文字

誕生年

1991年

国旗の色の意味

よく知られているのが、「青」は”空”「金(黄)」は”実った小麦畑”肥沃な黒土地帯に広がるステップの風景がありありと思い浮かべられます。または、「青」が”水”「金(黄)」が”火”、あるいは”ひまわり”という意味がこめられる場合もあります。 なお、”ひまわり”はウクライナの国花です。これから夏の盛りという時候に、郊外に行くと地平線の彼方までのひまわり畑が広がっております。

国旗の特徴

縦:横=2:3。やや淡めの青と金(黄)による横に均等2色のストライプ。

ウクライナの地図

国旗の色(色番号)

#7c949c #b0b080 #3c74c4 #90989c

ウクライナ国旗の意味や由来

ウクライナ国旗の意味や由来をまとめました。

ウクライナ国旗の由来

ウクライナにおける「青」と「金(黄)」2色をあしらった旗の伝統はかなり古く、1410年のタンネンベルクの戦いにおいて、西ウクライナ出身の騎士たちが坂を上っている金色のライオンと、翼を広げた2羽の金色の鷲(わし)、をあしらった2本の青い旗の下、ポーランド国王本陣へとはせ参じた、という事実が確認されております。1848年ロシアからの独立を目指していたウクライナは上に金(黄)色下に淡い青という今とはまったく逆の均等横2色ストライプの国旗を採用いたします。

そして、1918年ウクライナ人民共和国独立の折、現在と同じデザインの国旗が制定!しかし、その後、ソ連への編入が進み、国旗のデザインも共産主義ソ連らしい赤地のものに移り変わってゆきます。1946年には「赤地にハンマー・赤い星という」当時のソ連国旗そのままのデザインが国旗の上部4分の3ほどを占め、残りの下部4分の1ほどにウクライナを象徴する淡い青1色となりました。その後、ソ連からのウクライナの独立により、今のデザインに移行しております。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

ウクライナの独立が決まった時は青や黄色をあしらったバッジやアクセサリーが流行いたしました。
ウクライナ国旗はスウェーデンの国旗にあやかった、という説があります。17世紀の北方戦争においてロシア相手に奮戦したスウェーデン。国旗のデザインが制定されるころのウクライナもちょうどロシアからの独立を目指しておりました。

ウクライナの国章もやはり淡い青と金(黄)色の2色でデザインされております。青地の周囲にほんのりと金(黄)色の縁取りがあり、中央に金(黄)色で”トルィーズブ”という三叉戟のマークがあしらわれております。“トルィーズブ”の紋章はかつてこの一帯を広大に支配した「キエフ大公国」によって使用されておりました。
この話はたいていのウクライナ人にとって”面白い”はずがありません。あくまで一つのエピソードとしてご覧ください。2014年もろもろの事情でウクライナ国内から事実上の独立をした「クリミア自治共和国」の国旗は「青・白・赤」の横3色ストライプです。この国旗の意味するところはもはや「何をか言わんや」ですね。

誕生した背景

様々な民族が交錯する地ウクライナ。 そこに民族運動が盛んになってきたのは18世紀から19世紀にかけてです。 1917年ロシア帝政崩壊により、キエフを首都とする「ウクライナ人民共和国」が発足。

しかし、次第にソ連の圧迫は強まり、傘下に入ります。 その後、 ソ連による度重なるジェノサイド、 第二次世界大戦中においては独ソの激戦地となり、 1986年には国内にあったチェルノブイリ原子力発電所が世界最悪規模の原発事故を引き起こしてしまいます。 1991年ソ連崩壊により、ウクライナは悲願の独立を達成。 最近は大国ロシアとEUとの間の立ち位置をめぐって2014年クリミア危機が勃発。今もその緊張状態は続いております。

国の特色・人種構成

ウクライナはかなりの美女大国である、と世界的によく言われます。古くから多くの民族の入り混じる歴史を繰り返してきたので、混血が進んだためだという推測がなされております。有名どころではハリウッド女優のミラ・ジョヴォヴィッチさん、ミラ・クニスさん、はこちらの出身です。また、日本ではあまり知られておりませんが、大変な親日国家です。やはり日露戦争でロシアをやっつけたことに由来しているのでしょうか。教科書には松尾芭蕉や川端康成が紹介されていたりするようです。昨今では大国ロシアとの熾烈な駆け引きが日本でもよく話題にされます。ほかにも、北朝鮮にミサイル技術を供与したかも、ということで日本でも、大変な物議をかもしました。

ウクライナにおける民族構成はおおよそ8割がウクライナ人、2割がロシア人、となっております。また宗教においては伝統的にウクライナ正教会が信仰されています。キエフの聖ソフィア大聖堂。ペチェールシク大修道院。カルパティア地方にある木造教会群。など、世界遺産にもなった正教会ならではの美しい教会建築が外国人である私たちをも魅了してくれます。

ウクライナの国旗

ウクライナ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ウクライナのフリー素材1
ウクライナのフリー素材2

ウクライナ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ウクライナのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。