セネガル

森で猿を捕まえるには、少しずつ音をたてずにいかなければいけない。

セネガル共和国

華摩羅 (Camara)

CV準備中

誕生日

身長

血液型

趣味ラリー観戦

特技ジャンベ演奏

苦手食べ残し

好きな食べ物落花生

VOICE

準備中

PERSONALITY

アフリカの侍集団「奇跡の子」の一員。

背中の大刀は彼が生まれた日に芽を出したもので、旅立ちの日に引き抜くと、何故か刀の形をしていたという。

地面に突き刺し大地のエネルギーを借受けることができる。

THREE-VIEW DRAWING

セネガルについて

国旗の由来

国として、これから発展していこうという思想がこめられているセネガルの国旗。
レッド、イエロー、グリーンの汎アメリカ色、ラスタカラーを縦の三分割にしているのは旧宗主国であるフランスの国旗とおなじ仕様になっている。フランスが由来となっている。
国旗の中央にある星は、国民の団結、希望、そして自由を表している。レッドにはこれまでにセネガルのために流れた血の色、人への想いや無くなった人へのレクイエム、生命の清らかさと美しさと強さを表している。グリーンには国土の農業や豊かな希望の意味のほかにムスリムにとって預言者の旗の色、キリスト教信者にとっては希望の色としてグリーンが用いられている。同じ気持ちの人間同士は仲良く血から合わせていこうぜ!というセネガルの国民性が現れている。
イエローは金色、ゴールドとしての意味合いで使われている。国家の富の象徴としてのゴールド。最も重要な国家の発展へ向けての経済発展、労働生産、文芸や教養や教育などの高い価値を表している。

国旗の特徴

アフリカ大陸の端に位置し、日本との時差は9時間。
気候は、雨季と乾季のある乾燥した気候である。海を手前にした国でもあるため、海岸線沿いは気候のムラの部分があまり感じられず、比較的に過ごしやすい。
雨季の雷雨はとにかくすさまじいという。その激しさは日本の台風にもたとえられ、雨と風にすき放題あらされる感じともいう。
ただし、そのあとすぐに晴れることが多い。変わり目も激しい。乾季になるとあのあらしはどこへというくらい雨が降らない。

人種構成: ウォロフ人42%
セレール人15%
プル人14%
トゥクロール人9.1%
ジョラ人5.3%
マンディンカ人4%
ソニンケ人1.7%
バンバラ族1.2%
ムーア人1%

国旗の色の意味

意味においては、国の思想が含まれることが多い。
それが国の性格と違っていてもこの思想だ、そうなんだという国もある。

国旗の意味において、日本は世界一シンプルであるが(世界一ダサいという声もおおい)セネガルもシンプルで現在の国の状況ともしっかりとリンクしている風合いがとても良い。

レッド、イエロー、グリーンの汎アメリカ色、ラスタカラーを縦の三分割にしているのは旧宗主国であるフランスの国旗とおなじ仕様になっている。
いろどりの良いパプリカのようなこのラスタカラー。その中央にある星は、国民の団結、希望、そして自由を表している。

レッドにはこれまでにセネガルのために流れた血の色、人への想いや無くなった人へのレクイエム、生命の清らかさと美しさと強さを表している。

グリーンには国土の農業や豊かな希望の意味のほかにムスリムにとって預言者の旗の色、キリスト教信者にとっては希望の色としてグリーンが用いられている。同じ気持ちの人間同士は仲良く血から合わせていこうぜ!というセネガルの国民性が現れている。

イエローは金色、ゴールドとしての意味合いで使われている。国家の富の象徴としてのゴールド。最も重要な国家の発展へ向けての経済発展、労働生産、文芸や教養や教育などの高い価値を表している。

Translate »