南アフリカ

鼻が邪魔だと思うゾウはいない

南アフリカ共和国

万駄羅(マンデラ)

CV準備中

誕生日4月27日

身長184

血液型AB

趣味ダイヤモンド探し

特技フラワーアレンジメント

苦手引き算(算数)

好きな食べ物ブラーイ(バーベキュー)

VOICE

準備中

PERSONALITY

ネイティブフラワーで拠点「バベルラボ」を埋め尽くしたり、巨大なダイヤモンドを掘り出しシャンデリアにしたりとサプライズ大好き人間。 ワールドフラッグスメンバーでのフラッシュモブを画策している。   口癖は「愛ってのはな、驚きが一生続くことなんや!」 フラワーアレンジメント・ブリザードフラワーが特技。   虹色の斬撃を繰り出し人々をハッピーな気持ちに包み込む「虹剣」の達人。

THREE-VIEW DRAWING

南アフリカについて

国旗の由来

1994年に新しい国旗の案を公募し、7000もの候補案があつまったものの、決めることができませんでした。
その後、マンデラ大統領の指揮するアフリカ民族会議の旗と、関係の深いオランダ、イギリスの国旗の色を使用したものとして、決定されました。

国旗の特徴

縦横比は2:3です。赤・青・黒・黄・緑・白の6色からなる色鮮やかな国旗です。
マンデラ大統領が提唱した「レインボーネーション」にちなんで、レインボーフラッグと呼ばれるときもあります。

国旗の色の意味

国旗の色に関しては二つの説があります。

赤は過去の対立で流された血、青は空と周囲の海、緑は農場と自然、黄は金などの鉱産資源、黒は黒人、白は白人を表すという説と黒・黄・緑はアフリカ民族会議の旗に、赤・青・白は旧宗主国のイギリスやオランダ国旗にそれぞれ由来するという説です。

Translate »