グアテマラについて

国旗の色の意味

グアテマラの国旗は、青色・白色・青色のたてライン横三分割になっている中央アメリカ連邦の国旗が原型となっており縦三分割の青色・白色・青色になっています。 グアテマラは11823年~1839年の間、中央アメリカ連邦の一州であり1839年に独立。国旗の爽やかないんしょうを決定付けている青色。これは国がはさまれている太平洋とカリブ海という2つの大きな美しい海洋を表し意味している。中央のコントラストの手綱を握る白色は純白な、潔い潔白、平和への願いや純粋さの象徴として配色されている。 その白の部分、中央に描かれているのは国章である。自由の象徴である鳥のケツァールがそぞろと描かれており、中央アメリカ諸国が1821年9月12日にスペインから独立を宣言したことの象徴として用いられている。 そして国旗の中央で十字になって描かれているいくつかの小銃は、自国グアテマラを守るためには戦争をも辞さない意志を表しており、週に施されているきれいなグリーンのオリーブの輪は平和を意味するために描かれています。 そして書かれている文字はスペインからの独立を記念して「自由 1821年9月15日」と記されている。

Translate »