グアテマラについて

国旗の由来

グアテマラ共和国の国旗には、平和の意味が強く意味を成している。 その由来の背景には、古くは1789年にフランス革命が起こりヨーロッパの政局は混乱へと陥る。このフランス革命によってナポレオン戦争が始まり、1808年にはスペインがフランスの皇帝ナポレオンによって侵攻されるという結果に。ボルボン朝のフェルナンド7世をナポレオンが退位させた。兄のジョゼフ・ボナパルトをスペイン王ホセ1世に任命したため、それに対する反動、民衆による大きな暴動がきっかけとなってついにスペイン独立戦争が勃発した。1821年、グアテマラ総監領はスペインからの独立宣言をし、この年にアグスティン・デ・イトゥルビデ皇帝率いる第一次メキシコ帝国に併合されました。ここでひとつ、国旗の中央に描かれている自由の象徴である鳥、ケツァールはこのスペインからの独立の象徴として描かれている。 その後メキシコ帝国は1823年に崩壊。新たに結成された中央アメリカ連合州の一州として成立。中米連邦では、当初から内紛に次ぐ内紛で混乱が続きましたが、1827年~1838年にはラファエル・カレーラが率いる保守主義のグアテマラ派と、フランシスコ・モラサン率いる自由主義のエル・サルバドル派の内戦が。起こるべきではない争いが次々と勃発する。しかしその結果、カレーラが勝利し、連邦は解体へと。1839年グアテマラは独立国となる。 こういったように、グアテマラが独立に至るまで多くの血が流れ多くの犠牲が生まれる争いがありました。それを映すかのように、国旗には中央に小銃が描かれグアテマラを守るためには戦争をも辞さないという意思表明とされており、同じく小銃の周囲にはオリーブの輪も描かれ平和への願いを表現。 争いの世界へという願いと、愚考でありもし、いたしかないとされようとも、諸悪との争いには自国を守るためには一歩もひかないという強い信念と思想がグアテマラ国旗にはこめられている。

国旗の特徴

見事な、見事すぎる清涼感にあふれるデザインといえるグアテマラ共和国の国旗。 たて3本ラインの構成は国旗の中でも王道のデザインではあるが、グアテマラ共和国のそれは2色構成。左右に同じくさわやかなブルーを配し中央に白色を。コーヒーの生産とかおいしいとか言われている国というイメージが強い国で、国旗も赤と黄色と緑と・・・といったような雰囲気が想像しやすいものだが、グアテマラ共和国はとにかくさわやかな雰囲気が魅力の尾国旗といえる。 そして中央の白色の部分に描かれている鳥がいます。自由の象徴とされているケツァールという鳥で、青と白のさわやかな配色のとても良いアクセントとなっている。 ちなみに、ケツァールは鮮やかな色彩をもつ美しい鳥として広く愛されている鳥です。またアステカの主要言語だったというナワトル語の由来では、「大きく輝いた尾羽」。もしくは「ケツァールの尾の雨おおい羽」という意味があります。語根のQUETZは「立つ」という意味で、ポジティブな始まりという意味にもとれ、羽を立てた状態、これから羽ばたく状態を意味し、同じく羽ばたく始まりという意味を強く感じます。 紛争やもろもろの争いや支配などの歴史から、平和のイメージを持った爽やかな配色のグアテマラ国旗はデザイン性での個性や特徴というよりも、平和思想や願いや美学が盛り込まれているデザインの国旗といえる。

国旗の色の意味

グアテマラの国旗は、青色・白色・青色のたてライン横三分割になっている中央アメリカ連邦の国旗が原型となっており縦三分割の青色・白色・青色になっています。 グアテマラは11823年~1839年の間、中央アメリカ連邦の一州であり1839年に独立。国旗の爽やかないんしょうを決定付けている青色。これは国がはさまれている太平洋とカリブ海という2つの大きな美しい海洋を表し意味している。中央のコントラストの手綱を握る白色は純白な、潔い潔白、平和への願いや純粋さの象徴として配色されている。 その白の部分、中央に描かれているのは国章である。自由の象徴である鳥のケツァールがそぞろと描かれており、中央アメリカ諸国が1821年9月12日にスペインから独立を宣言したことの象徴として用いられている。 そして国旗の中央で十字になって描かれているいくつかの小銃は、自国グアテマラを守るためには戦争をも辞さない意志を表しており、週に施されているきれいなグリーンのオリーブの輪は平和を意味するために描かれています。 そして書かれている文字はスペインからの独立を記念して「自由 1821年9月15日」と記されている。

Translate »