アルバニア

人は皆、己が運命の鍛冶師だ

アルバニア共和国

母倶駄弐(Bogdani)

CV準備中

誕生日4月7日

身長174

血液型O

趣味桜を見ること

特技双頭の鷲ポーズ、かっこよく歩くこと

苦手ねずみ

好きな食べ物フォーガス

VOICE

準備中

PERSONALITY

ボグダニ。性格はいたって外出が好きで家にずっといることができない性格。

そのため研究所からも抜け出すことが多い。

 

人の物は自分の物。自分の物も人の物。という信条があり、何でもシェアするのが好き。

相手が喜ぶぐらいの量をシェアする。

人の話は聞いているようで聞いていないので話すより行動で示すことが多い。

 

アイソ・ポリフォニー(同音多声合唱)のプロでもあり、歌で共振させる特殊技を持つ。

鷲の子孫と呼ばれることもある。

THREE-VIEW DRAWING

アルバニアについて

国旗の由来

アルバニアは、紀元前は東ローマに所属しその後はオスマン帝国、イタリア、ドイツ、ソ連の占領や国土解放を乗り越えて独立を果たした国です。
その影響もあり、王政から社会主義を経て現在の共和制に落ち着きました。

そのためか現在の国旗のデザインに確定したのは1992年と比較的遅めですが、その間に何度か国旗のデザインは変更されています。
しかし、そのすべてに双頭の黒鷲が描かれています。

この黒鷲はアルバニアの英雄と言われているスカンデベルクの紋章が由来です。
このスカンデベルクは、15世紀にオスマン帝国からアルバニアを独立に導いたことで、アルバニアは初の独立を果しました。

しかし、アルバニアの独立は長くは続かず1468年にスカンデベルクが亡くなると勢いは失速し、12年間独立をしましたが、再度オスマン帝国に併合されました。

1992年に選挙により戦後初の非共産政権が誕生したことにより、共和制に移行。アルバニア共和国が設立されました。
それに伴い旗も変更され黄色の五角星を旗のデザインから取り下げ、現在の国旗になりました。

国旗の特徴

アルバニアの国旗は、中央に双頭の黒鷲を描いた赤旗です。
このデザインは現在の国章にも使用されているだけでなく、15世紀から黒鷲は、アルバニアの国旗には欠かせないものとなっています。

国旗の色の意味

15世紀の英雄、スカンデルベクが使用した旗の色に由来します。
双頭の鷲が左右を向いているのは東洋と西洋を示し、アルバニア自身、その中間にあるということを表しています。

Translate »