フランス

鉄は熱いうちに打たねばならぬ

フランス共和国

亜蘭(ALAIN)

CV準備中

誕生日2月15日

身長181

血液型O

趣味映画鑑賞

特技セリフ覚え、料理

苦手英語

好きな食べ物エスカルゴ、赤ワイン

VOICE

準備中

PERSONALITY

心が大きいリーダー的存在。悩みをすべてきくことができる。俳優を目指している。
交渉や説得の際の口癖は「モノ申す!!!」

THREE-VIEW DRAWING

フランスについて

国旗の由来

王政時代、フランス国旗は青地に王家の紋章である百合をあしらったものでした。
現在のデザインとなったのはフランス革命後です。

革命初期の中心人物であるラファイエットらがパリの市民軍が掲げた「青・赤」に白を加えて作られたというのが通説です。

以後、王政復古期間などの一部の例外を除いて、トリコロールが国旗として使用され、現在に至っています。

国旗の特徴

フランスの国旗は通称トリコロール(フランス語で三色の意)と呼ばれます。

三色は比率は等分のものと青:37、白:30、赤:33のものの2種類あります。大半の旗は等分のものですが、海上用は比率が異なったものを使用しています。

海上用が比率が異なっている理由は人間の目に明るく・大きく見えやすい膨張色である白を抑えることでバランスよく見えるようにするためといわれています。

国旗の色の意味

フランス第五共和国憲法では、国旗は「自由・平等・博愛」を表すとしていますが、世界各国の国旗にもっとも大きな影響を与えた旗といわれています。

青=自由、白=平等、赤=博愛というのはいわゆる俗説とされます。

パリ市民軍の青・赤と はブルボン朝の白百合に由来する白。 それぞれの色は花で表現されます。青=矢車草、白=マーガレット、赤=ヒナゲシです。

Translate »