ハンガリー

逃げるは恥だが役に立つ

ハンガリー

舞守華守(Puskas)

CV準備中

誕生日10月12日

身長175

血液型O

趣味刺繍、お城巡り 

特技水球、乗馬

苦手怖い顔の仮面

好きな食べ物ハラースレー アカシアハチミツ

VOICE

準備中

PERSONALITY

プスカシュ。常に優雅な立ち振る舞いをしていて、指先まで常に気を配っている。 私物の織物には全て花柄の刺繍が入っておりポーランドなどと共に「華の旗本(サムライ)」と呼ばれることがある。   温泉が超がつくほど好きで、浸かると嘘のように傷が癒える特殊体質。 また温泉につかったあとの湯冷めまでの時間、地球のエネルギーを得て、戦闘力を倍増することができる。 特殊能力も温泉の噴き出しを操り居合にもっていく「間欠一閃」など完全に温泉マニアならぬ温泉技を繰り出すことができる。 浸かり続けると際限なく強くなる!…わけではなく普通にのぼせてしまうので周りも注意して見守っている。 ハンガリーではアールヌーヴォー様式のゲッレールト温泉がお気に入り。 日本でのお気に入りは「草津温泉」。酸性強めの温泉にワクワクするようだ。 とある遊牧騎馬一族の正当な後継者であり、馬術については旗本のなかでも指折りの実力者。たまにラボでもその実力をショーとして披露する。 ルーマニアのハジの親のように彼の時間のルーズさや、のらりくらりとした態度を叱ったり、彼がタクシーで騙されたりしないよう、先手を取って動くのが得意。  

THREE-VIEW DRAWING

ハンガリーについて

国旗の由来

現在の国旗は1956年から使われております。
13世紀ごろから赤・白の2色の旗を用いておりましたが、いつから緑が加わったかはまだわかっておりません。

1949年以来、現在の国旗の中央にソ連の国章によく似たマークが施されておりましたが、1956年ソ連の権威と支配に対する民衆の大規模な暴動「ハンガリー動乱」が起こり、真ん中のマークを切り取ってその象徴として使用され、以来現在と同じデザインのシンプルな3色旗が国旗として通用するようになりました。

国旗の特徴

縦横比率は国連方式も独自方式も2:3。
赤・白・緑の横均等3色ストライプ。

国旗の色の意味

「赤」は”尊い血の犠牲”を、「白」は”清らかな国民の心”、あるいは、”平和”を、「緑」は”希望”を、表しております。

また、「白」は最初のハンガリー王国建国者イシュトバーン1世のシンボルカラーともいわれます。

Translate »