ポーランド

民の声は神の声

ポーランド共和国

十真士衛不数奇(tomashefuwski)

CV準備中

誕生日1月31日

身長189

血液型B

趣味時代劇鑑賞

特技剣道、柔道

苦手馬鹿にされること

好きな食べ物ビゴス(狩人のシチュー)

VOICE

準備中

PERSONALITY

クールな性格。思ったことは何でも言うため毒舌といわれることも・・。 仲良くなるまで時間がかかるが打ち解けると全てをさらけ出してくる。   得意技は長刀を使った剣技。伝説の技「燕返し」の習得を済ませている。 趣味はサムライの時代劇鑑賞。お気に入りは水戸黄門。   口癖は「このボールがお前に見えるか!?」 二つ名は「東欧の白い鷲」

THREE-VIEW DRAWING

ポーランドについて

国旗の由来

かつて、はるかな昔のことです。

「夕日を受けた白い鷲が空を飛ぶ姿を見たなら、そこに国都を定めよ」
と啓示を受けたポーランド最初の建国の英雄といわれるレヒが、後にワルシャワとなる地において、その光景を目の当たりにし、赤地に王冠を戴いた白鷲を国章にかたどったのが今の国旗の根源だといわれております。

こういった建国物語は「メキシコ」においてもよく似た話が見られます。

その後も、ポーランドの長い伝統の中で、この「赤」と「白」を基調とした国旗の系譜が受け継がれ、今へといたっております。
国内では、今の国旗の上部中央に鷲の紋章を入れたものを掲げることが多いです。

国旗の特徴

横に白と赤の横二色旗。
国旗が好きな方には「インドネシア」「モナコ」と”白と赤が逆”で有名となっています。

縦横の比率がそれぞれに異なります。
「インドネシア」はだいぶ横長の印象。
「モナコ」は正方形に近いです。
「ポーランド」はその真ん中ぐらいです。

国旗の色の意味

「白」は”共和国の尊厳”、あるいは、”自由と平和”を、
「赤」は”自由”、あるいは、”建国のために流された血”を、

表しております。

Translate »