スウェーデン

愛すること忘れることそして許すことは人生の三つの試練

スウェーデン王国

印弘芭琉(Ingvar)

CV準備中

誕生日6月22日

身長176

血液型O

趣味フィヨルド観光

特技コンパクト収納

苦手紫外線

好きな食べ物ミートボール

VOICE

準備中

PERSONALITY

スカンジナビア兄弟(5神将)の3男。大空を見上げることが大好きな自由奔放な性格。ニックネームは「金さん」。

 

綺麗な長い金髪を持ってるため女性と間違われるため「俺は男だ!」というのが口癖になっている。

THREE-VIEW DRAWING

スウェーデンについて

国旗の由来

国旗の由来は、青空に金色の十字架を見たという神話に由来しています。

1523年にカルマル同盟より離脱し、独立しました。グスタフ1世が即位し、国旗のデザインを二つ尾になりました。
1569年に王国布告によりこれ以降は、黄色十字がデザインとして固定されました。

国旗の特徴

スウェーデンの国旗の特徴は、黄色のスカンジナビア十字の青旗です。この色使いは、王室紋章の色に由来しています。
青と黄色の色遣いは1200年代から使用されています。
初めて国旗を制定した1157年から何度かの変更を経て今のデザインになりました。

金十字旗とも呼ばれることもあり、スウェーデンがデンマークの国旗に対抗して作ったとされています。
スウェーデン王カール8世が元々の製作とされています。

現在の国旗のデザインになったのは、国章に描かれている盾が青色に金色の十字で区切られており、それがベースとなって現在の国旗になりました。
現在の国章は、歴代の紋章を組み合わせた複雑な紋章になっています。

現在の国章は、スウェーデンを代表する青色に黄色の王冠3つフォルクンガー王家を表す青白波に王冠を被った黄色のライオン中央の盾には左がヴァサ王、右がベルナドット王を表す紋章です。
サポーターは2頭の王冠を被ったライオンが描かれています。

国旗の色の意味

スウェーデンの国旗は青と黄色の2色ですが、この色の意味は、青はスウェーデンに広がる湖や空を表しており、黄色は、キリスト教と自由、独立などを表しています。
この十字は、十字軍時代に制定されました。

Translate »