デンマークの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

デンマークの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、デンマーク国旗イラスト素材などを解説いたします。

デンマークの国旗

国名の正式名称

デンマーク王国

デンマークを表す漢字一文字

誕生年

1219年

国旗の色の意味

デンマークの国旗の色は、赤と白の2色旗ですが、赤は主にキリスト教カトリック派のシンボルカラーであり、白の十字架は主に十字軍時代のローマ教皇から授かったクロスに由来します。 そのため、白十字の赤旗は、主にキリスト教の布教を目的とした十字軍遠征の際に使用されていました。そして、デンマークでは6月15日は、奇跡的な逆転勝利を収めたという神話が元のダンネブロの伝説の戦いにちなんで、ヴァルデマーズデイ(Valdemars's Day)という旗の記念日となっています。

国旗の特徴

デンマークは、北欧諸国の一つの国です。そのため、他の北欧の国と同様に国旗には、似た特徴があります。それは、スカンジナビア十字が描かれていることです。スウェーデンやフィンランドなども採用しています。 スカンジナビア十字の特徴は、左側に交点がよっている十字であることが最大の特徴です。このデザインは、デンマークが元になったと言われています。デンマークのデザインは、白のスカンジナビア十字が描かれた赤旗です。 元々このデザインが、中央に十字を置かない理由は、海軍旗や戦闘旗にする際に右側を燕尾にしているため、十字がよく見えるようにデザインされています。この風習は現在でもあります。 政府国旗や海軍旗が使用する際は、右側を燕尾にしており、軍艦旗は、色が政府旗よりも濃い赤にして見た目を変えています。 デンマークの国旗は通称ダンネブロ(デンマークの力)と呼ばれており、オーストリアやスコットランドとならび、世界最古の国旗といわれています。

デンマークの地図

国旗の色(色番号)

#f6eff1 #d26870 #e4a4ac #babdbd

デンマーク国旗の意味や由来

デンマーク国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

デンマーク国旗の由来

デンマークは、有史以前より人が住んでおり、農業は紀元前3000年頃から始まったとされています。
その中で、ゲルマン民族の大移動の際にノルマン人の一派であるデーン人が住み着いたことが国の始まりです。

8世紀から11世紀まで、ヴァイキングが盛んであったころ彼らは、貿易や侵略によりヨーロッパを征服しました。
ユトランド半島を拠点とし、スウェーデン南部にも絶大な影響力を持っていました。

11世紀初頭には、カヌート王がデンマークとイングランドを支配し、北海帝国と言う帝国を作り上げました。
ヴァイキングの時代においては、向かうところ敵なしと言うほど強かったとされています。

14世紀後半には、マルグレーテ1世指導で、カルマル同盟が結成されました。
デンマーク、ノルウェー、スウェーデンを同盟国としたため、大国になりました。

その後、1523年にスウェーデンが、カルマル同盟を脱退し独立したことにより対立。
スウェーデンと300年にわたる抗争が始まりました。

まずは、デンマークの内乱である伯爵戦争が起こり、クリスチャン3世が勝利したことにより宗教改革が起ります。
ルーテル派に改宗しプロテスタントの国になりました。
その後、クリスチャン4世は、626年にドイツ30年戦争に介入したが敗戦。
ここからデンマークの衰退がはじまります。

スウェーデンと争ったトルステンソン戦争で、スウエーデンに敗れデンマークは完全に小国へ転落しました。
その後も17世紀のスウェーデン・ロシア帝国の大北方戦争にも参加。
結果はスウェーデンに敗れました。

その後のロシアとの戦争に破れたスウェーデンと共にデンマークも北欧の没落を経験しました。
近代に入りナポレオン戦争においても、フランスと同盟を組んでいたため敗北しました。

1814年のキール条約で、ノルウェーをスウェーデンに奪われました。
この瞬間に417年間続いたカルマル同盟は終わりを迎えました。

プロイセンとも国境問題で対立し、2度ほど戦争になりましたがいずれも敗北。
第2次世界大戦ではドイツに宣戦されると1日で降伏したため、ナチス占領下に国旗も廃止されました。
1944年には、アイスランドなど共に再度独立を勝ち取りました。

カルマル同盟時代は、赤いスカンジナビア十字でしたが、それ以降は現在のデザインと同じ赤の十字に白旗を使用しています。

国旗にまつわるエピソード・風習

デンマークの国旗は、1219年にデンマーク王のヴァルデーマ2世が、エストニア軍とリュンダニの戦いの最中、空から降って、それまで苦戦していた戦況が好転し逆転した説やローマ皇帝からこの旗を授かったところ苦しい戦いが形勢逆転し勝利したともいわれている。

しかし、どれも歴史的信憑性が乏しいため、デンマーク政府の見解は、13世紀の初頭にローマ教皇が十字軍の象徴としてクロスを授けたことが由来となっています。

デンマークは、最古の国旗の一つであるため国民もそのことを誇りに思う人が多く、誕生日には国旗をデザインしたオーナメントなどで飾りつける風習もありまた。
パーティーの祭には、国旗を自分の家に掲揚し目印とすることもあります。

デンマークの国旗掲揚には、しっかりとしたルールがあります。
これは多くの国でも似たようなルールがありますが、特に特徴的なものは三角旗の掲揚は24時間OKという点です。
デンマークには、民間旗や政府旗、海軍旗など様々な種類の旗がありますが、通常の長方形の旗以外にも三角の旗も存在します。

誕生した背景

デンマークは、北ヨーロッパのバルト海と北海に挟まれたユトランド半島とその他周辺の多くの島々からなる国です。
スウェーデンやフィンランドと同じ北欧諸国の国の一つで、北はスカンジナビア諸国、南はドイツと国境が接しています。

他にも自治権を有するグリーンランドとフェロー諸島と共にデンマーク王国を構成しています。
国名の由来は、古ノルド語で、「デーンの土地」を意味する「ダンメルク」にゆらいし、北欧神話にもこの名前で登場しています。

8世紀から11世紀の時代にはヴァイキングの時代にヨーロッパ各国を侵略して回り、最盛期にはイングランドも征服し各国との貿易も行い、大国として君臨していました。

14世紀には、スウェーデンとノルウェーと共にカルマル同盟という同君同盟を結成し、さらに大国へと発展していきました。

1523年にスウェーデンがカルマル同盟から脱退すると長い抗争が始まり、ここからデンマークは変わっていきます。
その後も数々の戦争に参加したが負けて、デンマークは小国になり、第二次大戦ではドイツに占領されてしまいます。
戦後は、無事に国家を立て直しました。

デンマークの国旗の歴史

  • デンマークの国旗の始まり
    13世紀初頭
    国名は先住住民デーン(谷間の意味)人の名に基づいており、デンマークとは「デーン人の土地」を意味します。また、デンマーク国旗はダンネブロ(Dannebrog)と呼ばれ、
    「デンマークの布」という意味があります。
    デンマーク国旗は、オーストリア国旗、スコットランド国旗と並んで、現在使用されている国旗の中で、最も古い歴史を持つ国旗のひとつです。
    13世紀にローマ教皇から与えられた旗が起源とされ、赤地は神聖ローマ帝国の軍旗の色、白地はキリスト教を表しています。
    また、「スカンジナビアクロス」と呼ばれるクロスが入ったスカンジナビア諸国の国旗の先駆けとなったとも言われており、
    スカンジナビア諸国の旗は当時スカンジナビア地方最強国の座に君臨していたデンマーク国旗を元にして作られました。
    1219年6月15日にヴァルデマー2世率いるデンマーク軍がエストニア軍とリュンダニの宗教戦争の最中、空から降ってきて、
    それまで苦戦していた戦いが形勢逆転し勝利したという説や、ローマ帝国皇帝から授かったこの旗を掲げた所、形勢逆転し勝利したという説もありますが、
    これらは歴史的信憑性に乏しく、デンマーク政府は、13世紀初頭にローマ教皇が十字軍の標としてクロスを授けたことが起源としています。
  • 現在のデンマークの国旗へ
    1848
    デンマークの国旗はダンネブロ (Dannebrog) と呼ばれています。
    デンマーク国旗の十字(クロス)はよく見ると左側にずれていますが、それには理由があり、長方形の通常型に加えて、政府や軍が使用する際には、
    右側を三角形にカットした燕尾型が使われているのですが、クロスが左側(旗竿側)に寄っているのは、この燕尾型にしたときにクロスが中央に見えるようにするためだと言われています。
    また、政府公用旗、陸軍旗と比べて、海軍旗の方が、より濃い赤色が用いられます。
    デンマーク国旗には通常の長方形のものの他に、燕尾型のものもあり、王室の旗には、中央に、軍の旗には左上の四角の中に、それぞれ紋章が入っています。
    特別な許可がない限り、この燕尾型の旗を個人が使用することはできません。
    また、三角形の旗もあり、こちらは正式には、いわゆるダンネブロ(デンマーク国旗)ではなく、Vimpel(ヴィンペル)という、この形の旗の総称で呼ばれています。

  • デンマーク国旗にまつわるはなし
    現在
    デンマーク国旗は、オーストリア国旗、スコットランド国旗と並んで、現在使用されている国旗の中で、最も古い歴史を持つ国旗のひとつであり、その使用方法などには細かいルールがあります。
    ルール1. 他国の国旗より低く掲げてはいけない。
    ルール2. 日の出の後(午前8時以降)に掲揚し、日没と同時に降ろさなくてはいけない。夜間に掲揚しているのは、侮辱になるとかならないとかがある。
    ただし、国旗をスポットライトで照らしていれば、例外的に認められます。
    ルール3. 旗は地面を触れてはならない。
    ルール4. 三角旗は24時間いつでも掲げてOK
    ルール5. 古くなったら処分する。古くなって、色あせた国旗は使用してはいけません。また、処分する際には、焼却処分にしなくてはならず、そのままごみとして出すことは禁じられています。
    ルール6. ひとつのポールに対して、国旗はひとつのみポール1本に対して、複数の国旗を掲揚することは禁じられています。
    世界最古の国旗として、国民からも深く愛されているデンマーク国旗ですが、それだけに厳しい?ルールが存在していました。

国の特色・人種構成

デンマークは、北欧諸国の国々の一つでグリーンランドとフェロー諸国と共にデンマーク王国を構成しています。
また、ノルディックモデルの高福祉高負担国家でもあり、市民の生活満足度は非常に高く、世界幸福度報告では第1位を記録しています。

デンマークは、デンマーク人が90%を占める単一民族国家であり、残りの約10%を移民が占めている。
中東やアジアからの移民が増加したためデンマークでは欧州一ともされる移民法が確立され、デンマークへの移民は難しくなりました。

日本とデンマークは幕末の頃より親交が深く、1871年に日本に海底ケーブルを始めて引いたのもデンマークの通信会社でした。
2017年には、国交樹立150周年ということで、フレゼリク皇太子及びメアリー皇太子妃が日本を訪問されました。

デンマークの国旗

デンマーク国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

デンマークのフリー素材
デンマークのフリー素材2

デンマーク国旗の画像(フリー・商用利用可能)

デンマークのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。