オーストラリア

雨の後には晴れが来る

オーストラリア連邦

江戸和土(EDWARD)

CV準備中

誕生日5月22日

身長190

血液型B

趣味サーフィン

特技イルカ乗り

苦手乾燥地帯

好きな食べ物ベジマイト

VOICE

準備中

PERSONALITY

豪の者。何をやるにも豪快かつ大胆。 口癖は「気にするな!友よ!」 仲のいいワルフラメンバーには「ごうかいさん」と呼ばれる。   古代日本の甲冑を着ているためシンプルといわれるがシンプルイズベストだと思っている。 得意技は左上段から渾身のパワーをこめた「アウトバック斬り」である。   休日はイルカとシドニーのビーチで遊ぶのが癒し。 ベジマイトを世界に広げようと一人でベジマイト普及委員会を作ったようだ。   「左上の会」会員でもある。

THREE-VIEW DRAWING

オーストラリアについて

国旗の由来

イギリスの植民地の一つであったオーストラリアでは1901年の独立まで、国旗はユニオンジャックでした。
6つの植民地が連邦を結成して独立を果たしことで新たに国旗が必要とされました。

国旗のデザインはコンペで決められました。

3万2000通以上の応募の中から現在のデザインが選ばれました。
若干の修正を経て国王の承認をうけることで1903年に誕生しました。

しかし、この旗を国旗と定める法律がなかったため正式に国旗となったのは1953年のことでした。
これは、国旗に関する法律(国旗法)が国会で可決されたためです。

国旗の特徴

国旗の縦横比は2:1です。
左上にイギリス国旗であるユニオンジャックが描かれています。

左の5つの星は国家が南半球にあることを示す南十字星です。
ユニオンジャックの真下に描かれる七つの角がある星(七稜星)は6つの州と特別地域を表しています。

ユニオンジャックを旗の左上に描くものをブルー・エンサインといいます。
旧イギリス植民地などイギリスと深いかかわりを持った国の国旗にはブルー・エンサインが使われていることもあります。

国旗の色の意味

イギリスのユニオンジャックに準じます。

ユニオンジャックを使用した旗としては生地が青いブルーエンサイン、赤いレッドエンサイン、白いホワイトエンサイン、そして緑のグリーンエンサインがあります。
青と白は軍艦旗に、赤は商船旗、緑はアイルランドの商船旗にそれぞれ使用されました。

Translate »