オーストリアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

オーストリアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、オーストリア国旗イラスト素材などを解説いたします。

オーストリアの国旗

国名の正式名称

オーストリア共和国

オーストリアを表す漢字一文字

国旗の色の意味

この国旗は、十字軍遠征の際にオーストリア公レオポルト5世が敵の返り血を浴びて全身赤く染まったが、ベルトのため腰の部分だけ白く残ったという故事が有名ということを書きました。 他の意味としては、白はキリスト教や誠実さ、赤は闘争や独立時の血の色などの意味があります。

国旗の特徴

オーストリアの現在の国旗のデザインは、赤・白・赤の3つのラインが横に並んでいるのが、現在のデザインです。 この国旗は、デンマークやスコットランドに並び現在使用されている国旗の中で最古の一つです。政府専用の旗には、国旗の中央にハプスブルク家の紋章が描かれています。ハプスブルク家の紋章はオーストリア帝国時代からデザインを変えつつ今に受け継がれています。 双頭のクロワシが伝統的にハプスブルク家の紋章。現在のデザインは、単頭のクロワシのデザインが使用されています。

国旗の色(色番号)

#f8eceb #ecacac #dc5c5c #dc1c04

  • 名前
  • 真帝明守(MATTHIAS)
  • 誕生日(国旗制定日) 5月1日
  • 星座 おうし座Taurus
  • 身長 179cm
  • 血液型 B
  • 戦い方 特殊型
  • 得意な構え 二刀流
  • 利き手 両手
  • マティアス。由緒ある名家の出身。音楽に精通しておりクラシック音楽の作曲を得意とする。性格はクールそうだが結構物言う激情型のタイプ。
    指揮をやらせると激しくタクトを振る姿から「ウィーンの白い炎」と呼ばれている。
    得意な武器は亜種型の鎖鎌。分銅の部分を槌にして遠隔近距離対応させたタイプ。彼の真の目的は謎だがかつての栄華を取り戻したいようだ・・・。
    口癖は「カンガルーもコアラも私は飼ったことも見たこともない。」

オーストリア国旗の意味や由来

オーストリア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

イタリア国旗擬人化画像

オーストリア国旗の由来

現在使われている国旗は元々戦闘を行う際に掲げる戦闘旗として、デザインされ使用されていました。
この戦闘旗は、第3回十字軍遠征に参加したオーストリア公レオポルト5世が敵の返り血を浴びて全身が赤く染まったが、ベルトの腰の部分だけ白く残ったということが有名。

この国旗は、戦闘旗であったため当時の国旗のデザインは異なるものでした。
オーストリアの起源はハプスブルク家の帝国であったため、そのハプスブルク家の旗が国旗として制定されていました。

当時のデザインは、今のデザインとは多少異なり、オーストリア=ハンガリー帝国時代の国旗は、黒と金色の2色のラインが横に並んでいるデザインです。
また商船旗というのも存在し、赤白赤の3色にハンガリーの国旗(赤・白・緑)を足したものを使用しています。

その後、オーストリア=ハンガリー帝国は第1次大戦に敗北し解体されました。
数年後独立に成功しました。
その際に民間旗として現在のデザインが採用されました。

しかし、1938年に第2次世界大戦が開始されると、ナチス・ドイツに占領され併合されていたことにより、一度国旗は廃止されました。
第二次大戦終了後の、1945年に再度独立しました。
その後、再度今のデザインに戻りました。

そして、今の国旗は正式に国旗として1984年の国旗法で制定されました。
そんな昔から存在する国旗ですが、最初に正式に使われたのはどういう場面なのでしょうか。

国旗にまつわるエピソード・風習

この国旗が、最初に公式で使用されたのは13世紀にオーストリア公(当時の神聖ローマ帝国内に存在したオーストリア領)のフリードリヒ2世は神聖ローマ帝国皇帝に対し、反乱を企てた際に制定されました。

国旗のデザインは十字軍の時代に作られたものですが、実際に制定されたのは13世紀の頃です。

民間旗には、クロワシの国章は描かれていませんが、政府専用旗には伝統的な紋章であるクロワシがデザインとして描かれています。
このクロワシは、単頭で王冠をかぶっており、ワシのかぎ爪には、ハンマーと鎌が握られています。
なおこのハンマーと鎌は共産圏でよく使用されていますが、この国章には共産主義は関係ありません。

現在の国章のデザインは、先ほどのクロワシのデザインに加えて足首にちぎれた鎖が描かれています。
このデザインの意味は、冠はブルジョア、ハンマーは労働者、鎌は農民を表し、鎖はナチス・ドイツからの脱却を意味しています。

ちなみに双頭のワシのデザインは古来から存在する紋章で、帝国の権威の象徴として使われることが多いです。

ローマ帝国⇒東ローマ帝国⇒ギリシア正教会、神聖ローマ帝国、ロシア帝国、ドイツ帝国など多くの帝国で使用されてきました。
オーストリアもハプスブルク家の紋章に使用されていたときから国章として現在でも使用されています。

誕生した背景

オーストリアは中央ヨーロッパに650年の間、ハプスブルク家が統治する帝国として君臨していました。
第一次大戦までは、ロシア・ドイツ・イギリス・フランスと並ぶヨーロッパ5大帝国の一つです。

しかし、第1次世界大戦に敗北し、650年間君臨したオーストリア=ハンガリー帝国は解体され、第一次共和制へ移行しました。
そして、解体と同時に帝国の領土は多民族国家であったオーストリアは、ドイツ人が多く住む場所のみに国土が縮小されました。

国の特色・人種構成

オーストリア人の91%はドイツ語を公用語としています。
オーストリアの宗教は、66%はキリスト教カトリックで、その他はプロテスタントとユダヤ教です。
日本とは友好な関係を築いており、オーストリア=ハンガリー帝国時代から友好関係、貿易相手国です。

その他の欧州の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。