南アフリカの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

南アフリカの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、南アフリカ国旗イラスト素材などを解説いたします。

南アフリカの国旗

国名の正式名称

南アフリカ共和国

南アフリカを表す漢字一文字

国旗の色の意味

国旗の色に関しては二つの説があります。赤は過去の対立で流された血、青は空と周囲の海、緑は農場と自然、黄は金などの鉱産資源、黒は黒人、白は白人を表すという説と黒・黄・緑はアフリカ民族会議の旗に、赤・青・白は旧宗主国のイギリスやオランダ国旗にそれぞれ由来するという説です。

国旗の特徴

縦横比は2:3です。赤・青・黒・黄・緑・白の6色からなる色鮮やかな国旗です。マンデラ大統領が提唱した「レインボーネーション」にちなんで、レインボーフラッグと呼ばれるときもあります。

国旗の色(色番号)

#ec2d1f #050604 #cedad7 #fab52b

  • 名前
  • 万駄羅(マンデラ)
  • 誕生日(国旗制定日) 4月27日
  • 星座 おうし座Taurus
  • 身長 184cm
  • 血液型 AB
  • 戦い方 パワー型
  • 得意な構え 正眼の構え
  • 利き手 左手
  • ネイティブフラワーで拠点「バベルラボ」を埋め尽くしたり、巨大なダイヤモンドを掘り出しシャンデリアにしたりとサプライズ大好き人間。
    ワールドフラッグスメンバーでのフラッシュモブを画策している。口癖は「愛ってのはな、驚きが一生続くことなんや!」
    フラワーアレンジメント・ブリザードフラワーが特技。
    虹色の斬撃を繰り出し人々をハッピーな気持ちに包み込む「虹剣」の達人。

南アフリカ国旗の意味や由来

南アフリカ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

南アフリカ国旗擬人化画像

国の特色・人種構成

面積は122万平方キロメートル(日本の3.2倍)、人口は5590万人です。
おもな民族はバントゥー系黒人が79%、白人が10%です。

英語やボーア人たちの言葉であったアフリカーンス語、バントゥー語など11の言語が公用語とされます。
宗教面では人口のおよそ80%がキリスト教徒とされます。
豊かな農地に恵まれアフリカ最大のトウモロコシ生産国であり、果樹栽培・牧畜なども行われています。
金・ダイヤモンドをはじめとした豊富な鉱産資源にも恵まれ、レアメタルの産出も多いですが石油は産出しません。

南アフリカの国旗

南アフリカ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

南アフリカのフリー素材
南アフリカのフリー素材2

その他のアフリカ大陸の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。