カナダの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

カナダの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、カナダ国旗イラスト素材などを解説いたします。

カナダの国旗

国名の正式名称

カナダ(カナダ連邦)

カナダを表す漢字一文字

国旗の色の意味

メイプルリーフの周りの白は「雪の降る様子」をイメージしております。 さすがは国土の大半が北極圏という国です。 また、左の赤は「太平洋」、右の赤は「大西洋」を表しております。 ほかにも「戦争で戦った人たちが流した赤は血の色」という説もあります。 カナダというとわりと平和な印象があります。 しかし、第一次・第二次の世界大戦などに参加し、数多くの血が流されております。 これに対し、白は「律儀」「平和」を表すといわれております。 カナダの願いがひしひしと伝わってまいります。

国旗の特徴

赤・白・赤の縦じま模様。 白地中央に赤く描かれた葉っぱはサトウカエデ。 このため英語では「メイプルリーフ旗」 フランス語では「一葉旗」 と呼ばれます。 なお、メイプルリーフの12本のとげは10本の州と2本の準州を表しております。

国旗の色(色番号)

#cdbdbf #dc142c #dc1434 #e41c34

  • 名前
  • 黄阿弩(Keanu)
  • 誕生日(国旗制定日) 2月15日
  • 星座 みずがめ座Aquarius
  • 身長 188cm
  • 血液型 O
  • 戦い方 支援型
  • 得意な構え 下段の構え
  • 利き手 
  • メープルシロップのように甘く穏やかな性格だが戦いになると冷徹になることも。メープルシロップアローで
    味方の体力を回復させることもできる。口癖「今、私の中に未来が見えた!!」

カナダ国旗の意味や由来

カナダ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

カナダ国旗の由来

国旗のまん中に描かれるサトウカエデはカナダを代表する木です。
その紅葉の美しさもさることながら、その樹液でできるメイプルシロップで知られています。
カナダの冬は長く厳しい!
まだ開拓時代の頃、食料にとぼしくなるそんな季節、先住民の教えでそんなカエデの樹液をすすって飢えをしのいだといいます。
そんな苛酷な自然のシンボルなのです。

国旗にまつわるエピソード・風習

カナダにはNational Flag Dayと呼ばれる国旗をお祝いする日があります。
それは毎年”2月15日”。
1965年、当時カナダの国家元首であったイギリスのエリザベス2世によって今の国旗が承認されました。
そして、実際に使用されるようになったのがこの年の”2月15日”なのです。

カナダ国旗擬人化画像

国の特色・人種構成

面積ではロシアに次ぐ世界第2位の広大な国です。
うち、森林面積が半分を超えるほどの豊かな自然に恵まれています。
工業や自動車産業だけでなく、近年はIT産業が成長。
モントリオールやトロントは金融センターとなり、2016年度GDPは世界10位という経済大国です。
カナダの人種構成は2011年国勢調査によると、

ヨーロッパ系白人が76.7%
東アジア系が4.8%
南アジア系が4.8%
先住民が4.3%
黒人が2.9%
東南アジア系が2.8%
などとなっております。

カナダ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

カナダのフリー素材
カナダのフリー素材2

カナダ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

カナダのフリー画像

その他のアメリカ州の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。