ドミニカの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ドミニカの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ドミニカ国旗イラスト素材などを解説いたします。

ドミニカの国旗

国名の正式名称

ドミニカ共和国

ドミニカを表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

青は神と平和を、赤は祖国と独立のために流された血を、白十字はキリスト教と自由を表しています。

国旗の特徴

何度かのモデルチェンジを経て、現在の独創的なデザインの国旗となりました。 赤と青のコンビネーションを白のクロスで四方に配し、中央に紋章というデザインです。 青は神と平和を、赤は祖国と独立のために流された血を、白十字はキリスト教と自由を表し、中央の国章は聖書と十字架を組み合わせたもので、月桂樹と椰子の葉で囲まれています。その上部には国の標語である「神・祖国・自由」、下部には「ドミニカ共和国」と、それぞれスペイン語で書かれています。民間では国章を省いた国旗もよく使われます。

ドミニカの地図

国旗の色(色番号)

#d6d2d5 #042458 #cc0b2c #04043c

ドミニカ国旗の意味や由来

ドミニカ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ドミニカ国旗の由来

旧国旗はそれまでイスパニョーラ島全域を支配していたハイチの国旗を参照したもので、2度目のスペインによる併合(1861年)まで用いられました。1865年に再び独立してからは、現国旗が使用されています。
青は神と平和を、赤は祖国と独立のために流された血を、白十字はキリスト教と自由を表し、中央の国章は聖書と十字架を組み合わせたもので、月桂樹と椰子の葉で囲まれています。その上部には国の標語である「神・祖国・自由」、下部には「ドミニカ共和国」と、それぞれスペイン語で書かれています。民間では国章を省いた国旗もよく使われます。

誕生した背景

ドミニカ共和国は幾度と無く他国に占領された歴史を持ちます。1821年に一度スペインから独立したものの、翌1822年に隣国ハイチに占領され、1844年に再独立を果たしました。しかしその後もスペインによる再併合やアメリカの占領を経て、ようやく独立を確立しました。

国の特色・人種構成

特色:中央アメリカ、カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島のうち東部を統治する国で、同じくカリブ海にあるドミニカ国との区別をつけるため、ほとんどの場合でドミニカ共和国と正式名称で呼ばれます。首都サントドミンゴ(Santo Domingo)の名に由来し、独立に際して国名にも採り入れられました。この地に都市を建設しサントドミンゴと名付けたのはクリストファー・コロンブスの弟バルトロメとされていますが、この名にした理由ははっきりとはわかっておりません。有力な説としてはコロンブス兄弟の父の名ドメニコ、中世ラテン語で「安息日」を表すDies Dominica(ディエス・ドミニカ)、キリスト教の聖人である聖ドミニコなどがります。同じカリブ海のドミニカ国との混同を避けるため、ドミニカ共和国という公式国名で言及されることがほとんどです。

人種構成:ムラート(白人と黒人の混血)72%ヨーロッパ系白人16%アフリカ系黒人11%
少数の移民(大半がハイチ国籍。他にアラブ人)。

ドミニカ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ドミニカのフリー素材1

ドミニカ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ドミニカのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。