ホンジュラス

真実は苦く、嘘は甘い

ホンジュラス共和国

沙流海池(XATRUCH)

CV準備中

誕生日2月16日

身長171

血液型O

趣味サッカー

特技ダイビング

苦手お酒

好きな食べ物ピンチョ

VOICE

準備中

PERSONALITY

性格は穏やかで人当たりがいい。

人懐こいので色々な人とすぐに仲良くなる。責任感が強い。

 

ウイスキーボンボンなどアルコールが入ったお菓子を食べると人格がオラオラ系のお兄ちゃんになり好戦的になる。

ただフラフラになった間の記憶は全てなくすという下戸でもある。

 

碧隊の弓を司りカラフルな矢を一斉に放つ「七色矢」という技を持つ。

THREE-VIEW DRAWING

ホンジュラスについて

国旗の由来

国旗はかつて希望に満ちた独立を祝った中米連邦時代の国旗を色濃く反映したものとなっています。

上下の青帯はホンジュラスの国土を囲むカリブ海と太平洋を、白は統一と平和、そして山がちな国土から山頂を彩る積雪を象徴します。

中央に置かれた5つの星は、かつて中米連邦を構成していた5つの国(左上がグアテマラ、左下がエルサルバドル、右上がニカラグア、右下がコスタリカ、そして中央がホンジュラス)を示すもので、中米が再び一体となって共に発展していく様子を表します。

国旗の特徴

実は中米連邦から最初に脱退し、連邦解体の原因を作ったホンジュラスですが、連邦の不安定な政治体制の改善、構成国間の対立解消という条件さえ満たされれば復帰しようと考えていたようで、独立後も長らく独自の国旗は制定せず、1866年に現国旗に移行するまで中米連邦の国旗を維持していました。

後にエルサルバドルを中心に連邦再結成の動きが強まると、ホンジュラスは終始これを支持し、1920年代には実際に再統合の寸前までこぎつけたこともありました。

結局、この試みを最後に再結成の動きは沈静化したものの、この国旗は現在までホンジュラスが中米の連帯に向けて並々ならぬ意気込みを持っていることを示しています。

国旗の色の意味

上下の青帯はホンジュラスの国土を囲むカリブ海と太平洋を、白は統一と平和、そして山がちな国土から山頂を彩る積雪を象徴します。

中央に置かれた5つの星は、かつて中米連邦を構成していた5つの国(左上がグアテマラ、左下がエルサルバドル、右上がニカラグア、右下がコスタリカ、そして中央がホンジュラス)を示すもので、中米が再び一体となって共に発展していく様子を表します。