ペルーの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ペルーの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ペルー国旗イラスト素材などを解説いたします。

ペルーの国旗

国名の正式名称

ペルー共和国

ペルーを表す漢字一文字

誕生年

1824年

国旗の色の意味

現在のペルーの国旗は、赤と白2色旗の中央に国章を配したデザインになっています。この赤は勇気と愛国心、白は平和とを表しています。国章は、国を代表する動物であるビクーニャに国花であるキナの木、豊富な天然資源を表す豊穣の角が描かれています。 ちなみに南ペルー時代の国章の意味は、南部4州を表す4個の黄色い五角星とインカ帝国を表す太陽を配したデザインになっています。

国旗の特徴

ペルー国旗は左右に赤、中央に白を配置した縦二色旗です。筋は三本ですが色は二色ですので三色旗といいたくなるところですが二色旗です。 1820年の独立運動が開始された際には、運動旗が掲げられ中央に黄色い顔付の太陽を配した青旗をしようしていました。その後は数度の国旗変更があり、1836年ボリビアがペルーを占領しました。 占領した際に北ペルーと南ペルーを分けることになり、国旗も別々のものを使用していました。北ペルーは現在のデザインに近い1825年に制定した国旗。赤・白・赤の三色を使用し、中央には国章を描いています。 国章は盾形紋章で、三分割に分かれており、第1クォーターは青字にビクーニャ、第2クォーターは白地に緑のキナの木、第3クォーターは、黄色い金貨あふれる豊穣の角、クレストに樫の枝のリース、盾の背後に交差した4本の国旗を描いたものです。 南ペルーは国旗、国章共に変更し独自のものにしました。国旗は、国章の黄色い4個の五角星と太陽を配した赤・緑・白の横T字旗です。その後1838年ペルー・ボリビア連合は中央に南北ペルーとボリビアの国章、月桂樹の枝のリースを描いた赤旗を作成しました。 その後は独立し、以前の北ペルーのデザインを一部変更して現在の国旗のデザインが1950年に制定されました。

ペルーの地図

国旗の色(色番号)

#cc0404 #dcc8c8 #ce9191 #faf2f2

ペルー国旗の意味や由来

ペルー国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ペルー国旗の由来

1824年にアントニオ・ホセ・デ・スクレにより、最後まで抵抗を続けていたスペイン軍は、破れてチリは事実上の独立を果たしました。
その後1825年にペルーの国旗が今の2色旗に変更されます。
この後にペルーはかつてのインカ帝国の領土を復活させようともくろみます。

そのため、ボリビアやコロンビアに戦争を仕掛けますが、ペルー解放戦線にいたボリビア2代目大統領アントニオ・ホセ・デ・スクレに返り討ちに合います。

1836年逆にボリビアがペルーに進軍し、完全制圧されて、南北に分断されてしまいました。
南ペルー共和国と北ペルー共和国に完全に分かれてしまい、この際に別々の国旗を掲げることとなってしまいました。

ボリビアは、1836年分割したペルーと同盟を組み、ペルー・ボリビア連合が成立しましたが、1839年ペルーはアルゼンチンの力などを借りてボリビアを破り、再び南北を統合し再独立を果たしました。
その際に新国旗を制定しました。

国旗にまつわるエピソード・風習

ペルー国旗は、赤と白の2色旗で、この赤は戦いと勇気、白は平和と尊厳を表しています。
この赤白の2色旗はフラミンゴをモチーフにしています。
フラミンゴは赤い翼に白い胸を持つ鳥で、幸運の象徴と言われています。

1820年、南米解放運動指導者のホセ・デ・サンマルチンがリマ南方のビスコ湾に上陸した時に、フラミンゴの群れを見て「今から生じる国は解放者の色として赤と白を使うだろう」ということで、対角線で二分した赤白の旗を考案したとのことです。

その後は、中央に赤い顔つき太陽を配した赤・白・赤の横三分割国旗になり、1822年にはスペインと明確に区別するために国旗を横から縦に変えました。

誕生した背景

ペルーは、16世紀まではインカ帝国に支配されており、インカの中心地域でもありました。
その後は、スペインが上陸して占領されインカの時代は終わりました、スペインはペルーに副王領を設置し、その中心地域としました。

副王領は、スペイン国外の県や州に近いもので南アメリカにおけるスペインの中心かつ重要拠点の一つでもありました。
その後1780年に反乱がおきるも失敗に終わりました。

しかし、スペイン本土で独立戦争が勃発するとホセ・デ・サン・マルチンの指導の元で独立宣言を行い、独立しようとしましたが、スペインは重要拠点を落とされるわけにはいかないため必死に抵抗しました。

国の特色・人種構成

ペルーは南アメリカ西部に位置する共和制国家であり、北にコロンビア、北西にエクアドル、東にブラジル、南東にボリビア、南にチリと国境を接し、西は太平洋に面しています。
首都はリマ。

ペルーの民族構成はメスティーソ(先住民とスペイン人のハーフ)45%、インディヘナ(先住民)37%、ヨーロッパ系ペルー人15%、他にもアフリカ系や中華系ペルー人など複雑で多種多様な民族から構成されている。

ペルーは元々スペイン領であった影響もあり、公用語はスペイン語で宗教はローマ・カトリックが80%を占めています。
現在は先住民族の伝統的な宗教と融合をし、現在に至ります。
人口は、独立当初は150万人でしたが、現在は1871万人に回復しました。

日本との関係は、1900年代にペルーが日本人の移民を受け入れたことから始まり、現在でも日系ペルー人は約10万人います。
中でも1990年から10年間大統領を務めたアルベルト・フジモリも日系人でした。

ペルーの国旗

ペルー国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ペルーのフリー素材
ペルーのフリー素材2

ペルー国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ペルーのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。