ジャマイカの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ジャマイカの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ジャマイカ国旗イラスト素材などを解説いたします。

ジャマイカの国旗

国名の正式名称

ジャマイカ

ジャマイカを表す漢字一文字

誕生年

1962年

国旗の色の意味

ジャマイカの国旗の色は黒、黄色、緑の3色です。それぞれの意味は、 黒はジャマイカ国民の強さと創造性 黄色は強い日差しとこの国の天然資源の象徴 緑は将来への希望と豊かな農業の象徴 とされています。

国旗の特徴

ジャマイカの国旗は独立記念日の1962年の8月6日に採用されました。色は緑、黄色、黒の3色が用いられている三色旗です。 ジャマイカの旗の一番の特徴は、黄色のX十字の紋章であり、これは、聖アンドレ十字が元とされることが多いですが、別名セント・アンドリュー・クロスは本来、白地に青のX十字のためジャマイカの国旗は黄色となっており、若干異なります。 このX十字は、別の国旗の例ですとスコットランドの国旗に使用されています。キリスト教で用いられる十字架を模したシンボルであり、通常の十字架は、太陽を表しており、斜めの十字架は月を表しています。

ジャマイカの地図

国旗の色(色番号)

#2b8124 #040404 #a68c04 #b9aa0a

ジャマイカ国旗の意味や由来

ジャマイカ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ジャマイカ国旗の由来

1509年にスペインがジャマイカに入植し、占領しました。その際に先住民を酷使したため、ジャマイカの人口は激減しました。その穴を埋めるために西アフリカから黒人奴隷を連れてきて労働力を確保していました。

しかし、1655年にイギリスがスペインからジャマイカを占領しました。1670年にマドリード条約で正式にイギリス領になりました。その後様々な反乱などが起こりましたが、全て鎮圧されています。

1959年にイギリスから自治権を獲得し、62年にイギリス連邦加盟国として独立しました。独立に際して、独自の元首は持たず、イギリス国王を元首とする形で独立を果たしました。

ジャマイカは、1655年から独立を勝ち取る1962年まで、イギリスの植民地であったため、独自の国旗というものを持っていませんでした。独自の国旗を持つ前は、イギリスの国旗にジャマイカの国章を描いたものでした。

他国のイギリス植民地もこのような国旗のデザインであったことは、多かったですが、ジャマイカはイギリスにとっても非常に重要な拠点の一つだったのです。それは、イギリス海軍の司令部がジャマイカに駐留していたためです。

70年代からイギリスの私掠船などの母港になっていました。このジャマイカからイギリスはカリブ海に圧力を掛けていたため、イギリスの影響力も強かったのです。
その影響が若干残っているのか、ジャマイカの軍艦旗は、ホワイト・エンサイン(白地に赤十字)をベースにカントン(旗の左上)部分がジャマイカ国旗を配置して描かれています。
白地に赤十字はイギリス海軍旗に用いられます。

国旗にまつわるエピソード・風習

ジャマイカは、反乱の後にイギリスの直轄領になったのですが、自治権を得て、その後は独自の元首を持たずに英国国王を元首とすることで、独立を果たしました。
独立を果たした際に、自身の国旗のデザインを決める必要がありました。そこで、ジャマイカは、国民から国旗のデザインを募集してコンペを行うことにしました。300案以上のうちから厳選したデザインをイギリス議会に提出しました。

そのデザインが、緑、黄色、黒のヨコ縞のデザインを提出しました、しかしこのデザインが偶然にも当時のタンガーニカ国(現タンザニア)の国旗に酷似しており、急遽デザインを変更し今の国旗になりました。
ジャマイカは1962年の時の独立の際に国旗のデザインを募集

誕生した背景

ジャマイカの国名の由来は、先住民のアラクワ人の言葉でザマイカと呼ばれていたことにちなんでいます。この言葉の意味は、木と水の地あるいは泉の地と言う意味から来ています。
スペイン植民地時代は、ハマイカと綴られており、イギリスの植民地時代は英語読みでジャメイカと呼ばれていた。その後独立時にジャマイカと変化しました。

このジャマイカ島は、1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見すると、多くのヨーロッパ人がジャマイカを訪れました。その後、1494年にコロンブスがジャマイカ島を発見しました。
その後1509年にスペインがジャマイカに入植し、占領しました。1655年にイギリスが占領し、その後1959年に自治権を得て62年に独立しました。

ジャマイカの国旗の歴史

  • ジャマイカの国旗の始まり
    1962
    イギリスから独立した1962年8月6日に、現在のジャマイカ国旗は誕生しました。ジャマイカ国旗は、縦横比が1:2で、
    金色のセント・アンドリュー・クロス(X型をした十字架)が描かれ、その上下が緑色、左右が黒色となっています。
    ちなみに、イギリスの植民地時代、ジャマイカを表す旗には、イギリス国旗とジャマイカの国章が描かれていました。

  • 現在のジャマイカの国旗へ
    1962
    ジャマイカは、1962年8月の独立に合わせてジャマイカ国旗を制定するため1961年9月から全国でデザインを募りました。
    集まったのは368ものさまざまな国旗の案です。そのうち12案が候補に残りました。そして1962年6月ジャマイカ議会で緑、黄色、黒のヨコ縞のデザインが採用され、
    イギリスの植民地省へ承認を申請しました。しかしながら当時のタンガニーカ国(現タンザニア)の国旗に酷似しているということが判明し却下されてしまいます。
    そして再度話し合いを重ねた結果、色はそのまま採用して、現在のデザインに至りました。
    ジャマイカ国旗は、イギリス植民地からの独立と同時に誕生しましたが、国旗とともにジャマイカが独立するまでの歴史背景を簡単に振り返ってみます。
    ジャマイカの先住民は、2500年以上前に、南アメリカからやってきたアラワク族(タイノ族とも呼ばれていたようです)というインディアンで、
    1494年5月スペインの探検家コロンブスに発見されるまで静かに暮らしていました。コロンブス上陸後の1503年、ジャマイカはスペインに征服されました。
    スペイン人に強制労働を強いられたアラワク族(タイノ族)は、スペイン人が持ち込んだ疫病、奴隷制度、戦争により絶滅してしまいました。
    その後スペインはサトウキビのプランテーションの労働力を補うため、多くの奴隷を西アフリカからジャマイカへ連れてきました。
    スペインは100年以上ジャマイカを支配しましたが、1652年ごろからイギリスの攻撃を受け、ついに、1670年、イギリスはジャマイカを植民地化しました。
    1838年奴隷制度は廃止されましたが、その後もイギリスの支配下に置かれていたジャマイカはようやく1962年8月独立したのです。
    ジャマイカ国旗のクロスで分けられている左右の黒色は、国民の90%を占める奴隷としてアフリカから連れてこられた黒人を意味するという説もあります。
    自由を勝ち取るためにねばり強く戦い抜いた黒人の信念の強さも表しているともとれます。
    ジャマイカの国旗に使われている三つの色には他国同様にそれぞれに意味があります。
    まず、クロスしている金色(黄色に見えますが本当は金色だそうです)は、天然資源と美しい太陽の光を表します。
    このクロスはセント・アンドリュー・クロスと呼ばれキリスト教への敬謙信仰も意味します。
    そして上下の緑色は希望と農業資源を表し、左右の黒色は、ジャマイカの人々の強さとに創造性を描いています。
    実は、国旗が誕生した当時に黒の部分の意味は「困難」を意味していました。しかし1996年にジャマイカ国旗の象徴について見直され、
    「困難」はネガティブな意味であるため、現在の「強さと創造性」に変更されたそうです。
  • ジャマイカ国旗にまつわるはなし
    現在
    ジャマイカの国旗の取扱いにはルールがたくさんあります。
    どこの国にもあるといえばありますが、ジャマイカ国旗も取扱いの際の規則があります。その規則は以下です。

    ・ジャマイカ国旗は常に尊厳を持って扱わなければなりません。
    ・地面や床に触れてはいけません。
    ・国家行事を除いて、すぐに破棄するような一時的な飾りに使用してはいけません。
    ・一緒に掲げられる他の旗より大きくなくてはなりません。
    ・古くなった旗を処分する場合は、非公開で燃やさなければなりません。

    国の尊厳や思想を守るという意味がたくさんこめられています。

国の特色・人種構成

ジャマイカは、中央アメリカ、カリブ海の大アンティル諸島に位置する立憲君主制国家であり、英連邦王国の一国です。

島国であり、北にはキューバとケイマン諸島が、東にはジャマイカ海峡を隔ててイスパニョーラ島に位置するハイチとドミニカ共和国が存在します。首都はキングストンにあり、アメリカ、カナダに続き3番目に英語の話者が多い国でもあります。

ジャマイカには、先住民は現在ではあまりおらず、西アフリカから労働者として連れてこらアフリカ系が諸部民族が住民となり、現在ではアフリカ系が90%以上を占めています。イギリスの植民地であったために宗教も60%以上がプロテスタントです。

コーヒーの生産地としても有名であり、ブルーマウンテンの総生産の80%は日本に出荷されています。

ジャマイカの国旗

ジャマイカ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ジャマイカのフリー素材
ジャマイカのフリー素材2

ジャマイカ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ジャマイカのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。