ニカラグアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ニカラグアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ニカラグア国旗イラスト素材などを解説いたします。

ニカラグアの国旗

国名の正式名称

ニカラグア共和国

ニカラグアを表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

青と白の配色は中央アメリカ連邦時代の国旗にも使われていたものであり、青はカリブ海と太平洋、白は国土と純粋さを表します。実際の旗を遠目で見るとエルサルバドル国旗と区別が付きませんが、ニカラグア国旗のほうが青が若干薄いとされています。現国旗は1898年末より使われていますが、正式に制定されたのは1971年のことです。

国旗の特徴

青と白の配色は中央アメリカ連邦時代の国旗にも使われていたものであり、青はカリブ海と太平洋、白は国土と純粋さを表します。 中央の国章には、平等を表す正三角形(同じ長さの辺で構成されているから)が配され、その中には平和を表す虹、かつて中央アメリカ連邦を構成していた5ヶ国の連帯を表す5つの火山、そして中南米で自由の象徴としてよく使われるフリギア帽が描かれています。この正三角形の周囲を、「ニカラグア共和国」と「中央アメリカ」を表すスペイン語の文字が囲んでいます。 実際の旗を遠目で見るとエルサルバドル国旗と区別が付きませんが、ニカラグア国旗のほうが青が若干薄いとされています。現国旗は1898年末より使われていますが、正式に制定されたのは1971年のことです。

ニカラグアの地図

国旗の色(色番号)

#cdd1d2 #ebc60e #044fb4 #c12e44

ニカラグア国旗の意味や由来

ニカラグア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ニカラグア国旗の由来

ニカラグアはかつて19世紀に存在した中央アメリカ連邦の一員であり、国旗にもその名残が残っています。すなわち、青と白の配色は中央アメリカ連邦時代の国旗にも使われていたものであり、青はカリブ海と太平洋、白は国土と純粋さを表します。中央の国章には、平等を表す正三角形(同じ長さの辺で構成されているから)が配され、その中には平和を表す虹、かつて中央アメリカ連邦を構成していた5ヶ国の連帯を表す5つの火山、そして中南米で自由の象徴としてよく使われるフリギア帽が描かれています。この正三角形の周囲を、「ニカラグア共和国」と「中央アメリカ」を表すスペイン語の文字が囲んでいます。
実際の旗を遠目で見るとエルサルバドル国旗と区別が付きませんが、ニカラグア国旗のほうが青が若干薄いとされています。現国旗は1898年末より使われていますが、正式に制定されたのは1971年のことです。

誕生した背景

豊かな自然資源を持ちながらも、大航海時代をへてスペインの植民地に。独立後もアメリカ合衆国の実質的な支配を受け、自らの経済・社会を築く機会を失ってきました。
1979年、サンディニスタ革命政権が成立。一時は大規模な識字キャンペーンなどが成果を上げ、独立国として自立の道を進むように思われていました。
10年間にわたって内戦が続き、国土は荒れ果て、経済は疲弊へ。1990年に内戦は終わりましたが、経済的混迷からから抜け出せずにいます。また、内戦により男子青年人口が激減したため、今日までその影響はニカラグア社会に深い影を落としています。

国の特色・人種構成

特色:独立から10年間にわたって内戦が続き、国土は荒れ果て、経済は疲弊へ。1990年に内戦は終わりましたが、経済的混迷からから抜け出せずにいます。また、内戦により男子青年人口が激減したため、今日までその影響はニカラグア社会に深い影を落としています。

人種構成:メスティーソ(白人と先住民の混血)69%ヨーロッパ系白人17%アフリカ系黒人(カリブ海沿岸地域に集中)6%先住民(インディオ)5%

ニカラグア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ニカラグアのフリー素材1

ニカラグア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ニカラグアのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。