バングラデシュの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

バングラデシュの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、バングラデシュ国旗イラスト素材などを解説いたします。

バングラデシュの国旗

国名の正式名称

バングラデシュ人民共和国

バングラデシュを表す漢字一文字

誕生年

1971年

国旗の色の意味

バングラデシュの国旗の色は濃い緑色に赤い円ですが、この国旗の色には対立していた三日月と星に薄めの緑色のパキスタンを意識していたものです。 「赤い円」は、昇りゆく太陽を表し、また独立戦争時に流れた若者の血の色を表している 「緑」は、豊かな自然、農業の発展などを表しています。 この緑はイスラム教の教えを示す緑と区別をつけるように濃い緑が使われています。 昇りゆく太陽は、西パキスタンの三日月と星に対抗することを意図しています。 日本と似ている国旗のバングラデシュですが、込められている意味は違うんですね。 独立時と今後の発展の意味を持つバングラデシュの国旗の色の意味でした。

国旗の特徴

日本の日の丸と、バングラデシュの国旗の違い 国旗は、日の丸デザインを模倣したものであり、緑の下地に赤い円がデザインされたものである。一見すると日の丸の色を変化させただけと思われるが、縦横比が違うのである。バングラデシュの国旗の縦横比が6:10であることに対して日の丸が2:3である。上記のことからバングラデシュと日の丸の違いが明らかになった。そして、なぜバングラデシュの国旗が上記のような比率に設計されているのか。なぜなら、国旗が風などでなびいたときにやや左に寄せることにより中心に赤い円が見えるように工夫されたものであるからである。 バングラデシュの国旗の下地の緑色の特徴 バングラデシュの国旗の下地の色である緑はイスラムを表象するカラーである。そこからバングラデシュの宗教がイスラム教であり、またイスラム教を信仰する信者が国民に多いことも表している。そして、現在のバングラデシュのイスラム教徒の割合は人口の88.4%であり、残りの11%は他宗教になっている。実際に、イスラム教を国教にしているまたはイスラム教信者が多い国では緑色を使用した国家が見受けられることが多く特に中東あたりに多く見られる傾向にある。たとえばサウジアラビア王国などが上げられる。 バングラデシュの国旗の下地の赤色の特徴  バングラデシュの国旗の下地の色である赤は太陽や日の出を意味することに加えて、バングデシュがパキスタンから独立するときに行われたバングラデシュ独立戦争によって流された人々の血を表している。ちなみに、このバングラデシュ独立戦争によって、死亡した人数は300万人を越えることとなり、パキスタンや反独立派のベンガル人がベンガル人を大量に殺戮したのである。その後、殺戮を恐れたベンガル人がインドに逃げ込み第3次印パ戦争が勃発し、パキスタンが敗れバングラデシュが独立するのである。そして、その歴史を踏まえたうえでバングラデシュの希望に満ちた日の出を願うという意味もある。

バングラデシュの地図

国旗の色(色番号)

#f3243b #645646 #04543c #b4443c

バングラデシュ国旗の意味や由来

バングラデシュ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

バングラデシュ国旗の由来

国旗の原型のデザインが国旗制定されるまでのお話
国旗の原型をデザインしたのは、芸術家であるカムルル・ハサンという人である。
もともと、原型のデザインは現在の国旗の赤い円の中にバングラデシュの地図をデザインしたものであった。
その原型のデザインがされたときはパキスタンからバングラデシュが独立するための契機となっているときであり、パキスタンの国旗である三日月と星にバングラデシュの国旗の太陽(赤い円)をもって対抗する意思を表示している。
しかし、原型であるデザインの地図のデザインは、風で旗がなびいたときなどにその地図を正しく維持することが非常に難しいなどの理由で正式に国旗が制定されたときに削除されることとなり地図が省略された現在の国旗に変化するのである。

国旗にまつわるエピソード・風習

バングラデシュの国旗は、日本の国旗と似ている?
バングラデシュの首相であるシェイク・ハシナが日本に来日したときに、国旗に制定にまつわる話を述べた。
日本の国旗を取り上げた理由は二つ挙げられる。
一つ目は。初代大統領であるジルル・ラーマンが、国旗を制定するときに日本に魅力を感じ日の丸のデザインを取り入れることを決定したと述べた。
また、ラーマンは日本の国の歴史について日本はもともと、農業国であったが工業国に発展した経緯を述べ、バングラデシュも工業国になり発展していきたいという意思いをこめていると述べた。
日本の国旗を模倣した国はほかにも存在するのか?
日本の国旗のデザインを模倣した国はバングラデシュに加えて、パラオもあげられる。
上記の国に日本を追加して、「日の丸三兄弟」と呼称されることもある。
ただし、パラオの国旗をデザインしたジョン・ブラウ・スキーボング自身は、日の丸を模倣した意図はなく、パラオの国旗の中の黄色い円はパラオの美しい月を表現したものに過ぎないと述べている。

誕生した背景

バングラデシュは2度の独立戦争を経て正式に独立しました。
1947年イギリスからインドが独立した後にヒンドゥー教徒はインドを建国して、イスラム教徒は、パキスタン建国して独立しました。
その際にパキスタンは東西でそれぞれ独立しました。この時の東パキスタンが今のバングラデシュです。

国の特色・人種構成

バングラデシュはバングラ人の国という意味を持つ。
そしてバングラデシュの人種構成はベンガル人が人口のほとんどを占めることになり、また面積が14万7000kmなのに対して人口が1億6157万人ということもあり世界で面積の小さい国を除いて最も人口密度が高い国としても知られている。
しかし、政府は人口を調整することに成功し、少しずつ人口の減少をし、南アジアの中で最も人口増加率の低い国になっている。
また、バングラデシュの経済状況は非常に悪く、非常に貧困状態である。
そして、衛星状況も非常に悪く、さまざまなウイルスや菌が媒介している。
教育については少し改善され、就学率は90%を超えるが、識字が可能な割合は半数程度であり、就学中に退学せざるを得ない人たちが3割程度いるというのが現状である。また、自然災害も多く発生する国であり、毎年被害が大きい。

バングラデシュの国旗

バングラデシュ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

バングラデシュのフリー素材
バングラデシュのフリー素材2

バングラデシュ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

バングラデシュのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。