バングラデシュ

時は川の水のように流れる

バングラデシュ人民共和国

シャキブ(捨旗舞)

CV準備中

誕生日1月17日

身長183

血液型O

趣味ベンガルトラ考察

特技カバディ

苦手油ギトギトの食べ物

好きな食べ物チングリカレー

VOICE

準備中

PERSONALITY

シャキブ。かぶくのが好きでよく変わり者といわれるがおしゃれや派手が大好きなので変わった服装をすることがおおい。

ベンガルトラを愛し、ベンガルトラの写真、クリアファイル、缶バッジなどを自分で作成しさらにはベンガルトラについて独自研究までしている生粋の「ベンガルトラ」オタク。飼うことはせず野生のベンガルトラを観察しに行くのが好き。

推しのベンガルトラもいるのだが教えてくれない。

元々カバディの有名選手でもあり特技はカバディと刀技を合わせた「レイダー」と呼ばれる新剣技を駆使する。
考え事していると「カバディカバディカバディカバディ」と呟いてしまう癖がある。

 

THREE-VIEW DRAWING

バングラデシュについて

国旗の由来

国旗の原型のデザインが国旗制定されるまでのお話。

国旗の原型をデザインしたのは、芸術家であるカムルル・ハサンという人である。
もともと、原型のデザインは現在の国旗の赤い円の中にバングラデシュの地図をデザインしたものであった。

国旗の特徴

日本の日の丸と、バングラデシュの国旗の違い 国旗は、日の丸デザインを模倣したものであり、緑の下地に赤い円がデザインされたものである。

一見すると日の丸の色を変化させただけと思われるが、縦横比が違うのである。
バングラデシュの国旗の縦横比が6:10であることに対して日の丸が2:3である。
上記のことからバングラデシュと日の丸の違いが明らかになった。

そして、なぜバングラデシュの国旗が上記のような比率に設計されているのか。なぜなら、国旗が風などでなびいたときにやや左に寄せることにより中心に赤い円が見えるように工夫されたものであるからである。

国旗の色の意味

バングラデシュの国旗の色は濃い緑色に赤い円ですが、この国旗の色には対立していた三日月と星に薄めの緑色のパキスタンを意識していたものです。

「赤い円」は、昇りゆく太陽を表し、また独立戦争時に流れた若者の血の色を表し、
「緑」は、豊かな自然、農業の発展などを表しています。


日本と似ている国旗のバングラデシュですが、込められている意味は違うんですね。
バングラデシュの国旗の色には、独立時と今後の発展への願いが込められています。