カンボジアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

カンボジアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、カンボジア国旗イラスト素材などを解説いたします。

カンボジアの国旗

国名の正式名称

カンボジア王国

カンボジアを表す漢字一文字

国旗の色の意味

「青」は”王権”、あるいは、”自由と協力”を、 「赤」は”国家”、あるいは、”人々の勇気”や”流された血”、あるいは、”国王に対する忠誠心”を、 「白」は”仏教徒”を表しております。 また、「赤」や「白」は東南アジアでは伝統的に親しまれてきた色です。 タイ・シンガポール・マレーシア・インドネシアと、国旗にその色を使用する国はたくさんあります。

国旗の特徴

上から1:2:1の割合で青・赤・青の横ストライプ。 旗の真ん中には白いアンコールワット。

国旗の色(色番号)

#cc0404 #dc8484 #f5d7d7 #c30404

  • 名前
  • 楚智慧虎(SOCHETRA)
  • 誕生日(国旗制定日) 不明
  • 星座 
  • 身長 162cm
  • 血液型 O
  • 戦い方 スピード型
  • 得意な構え 正眼の構え
  • 利き手 右手
  • ソチェトラくん。仲がいい人にはチェトラ君と呼ばれている。恥ずかしがりやさんで常に笑顔。女々しくもある。がプライドは高い。唖聖庵のいじられキャラ。弱弱しいけどかなりデリケートなところに突っ込んだ話をしてきたりもする。トゥクトゥクで11人乗りというスペシャルな乗り方を知っている。交通ルールを覚えるのが苦手なため赤信号でも大丈夫そうだと走ってしまう癖あり。
    鶴や竜など自然界の動きを取り入れた武術「ボッカタオ」と刀技を組み合わせた剣技を使う。また光球を召喚し遠隔攻撃も可能。
    自分の誕生日を知らず出生日を探し求めている。

カンボジア国旗の意味や由来

カンボジア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

カンボジア国旗の由来

1850年ごろ、すでに今のカンボジア国旗とよく似たデザインが使用されておりました。
1948年フランスからの独立に際して採用された国旗が今と同じデザインです。

カンボジア国旗擬人化画像

国の特色・人種構成

カンボジアといえば「アンコールワット」です。
しかし、この世界的遺跡も19世紀にフランス人探検家によってその密林の奥に発見されるまでは伝説とすらなっておりました。
ちなみに、「アンコール・ワット」はこの辺りの遺跡群のひとつにすぎません。
ほかに都城「アンコール・トム」や、かつての仏教寺院で巨木とともにある「タ・プローム」東洋のモナ・リザと呼ばれる優美な女神のレリーフで知られる「バンテアイ・スレイ」など、周辺にはほかに見どころが盛りだくさんです。

カンボジアの国旗

カンボジア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

カンボジアのフリー素材
カンボジアのフリー素材2

カンボジア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

カンボジアのフリー画像

その他のアジアの国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。