シンガポールの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

シンガポールの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、シンガポール国旗イラスト素材などを解説いたします。

We also encourage fan art. If you make something, please show us on Twitter. hashtag is #worldflags_fa
We will send information such as illustration updates and interesting information on Twitter! Please follow @worldflagsorg !  
World Flags was created by wanting to get along with each other by wanting to expand the diversity and values ​​of the world by personification.

シンガポールの国旗

国名の正式名称

シンガポール共和国

シンガポールを表す漢字一文字

国旗の色の意味

赤と白の国旗はシンガポールの国民的アイデンティティの重要な要素であり、シンガポール国民の理想、信念、価値観を反映しています。赤は普遍的な兄弟愛と男の平等を象徴し、白は永続的で永遠の純粋さと美徳を表します。 三日月は新興国を表し、5つ星はシンガポールの民主主義、平和、進歩、正義、平等の理想を表しています。

国旗の特徴

縦:横は2:3。 上が赤、下が白の均等2分横ストライプ。 上の赤地の左はしには白い三日月が包み込むように五つの白い星。

シンガポールの地図

国旗の色(色番号)

#f42138 #d2cbcc #f42c3c #f47c83

  • 名前
  • 豪剣水(GOKENSUI)
  • 学年 高校3年生
  • 誕生日 12月3日
  • 星座 いて座Sagittarius
  • 身長 173cm
  • 血液型 AB
  • 戦い方 パワー型
  • 得意な構え 正眼の構え
  • 利き手 左手
  • 性格は平和主義ですべての人を平等にみる性格。マイペースで自分がいいと思った正義を貫く男。基本無口だがたまにぼそっと呟き周囲を圧倒する。
    唖聖庵(アセアンズ)のボケ担当でもある。聖剣マーライオンを抜いたためあまりに嬉しくその場で素振りを始めて街を破壊したこともある。
    口癖は「ワタシできるよ」

シンガポール国旗の意味や由来

シンガポール国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

シンガポール国旗の由来

マレーシア連邦に組み込まれていた時の州旗がすでに今のデザインだったようです。
そして、その後の新国家独立に際して、この時のデザインを継承することとなりました。

シンガポール国旗擬人化画像

漫画

シンガポール4コマ1

国旗にまつわるエピソード・風習

●シンガポールの建国記念日”ナショナルデイ”。
8月9日。
1965年のマレーシアからの分離独立を記念したシンガポールを代表する祝祭日です。
この日になると、軍事パレードや花火など各種イベントが国内の各地で盛大に催されます。
人々は会社や店、家などいたるところにシンガポールの国旗を掲げ、また「赤」と「白」をあしらった服装を身にまとって祝います。
特に、シンガポール人の8割以上が居住するという集合マンションHDBのベランダ表にシンガポール国旗を一斉にくくり垂らしてる様子は圧巻です!!
大型のものすごい改造バイクの後ろにシンガポール国旗を何本も掲げて疾駆するというのもよくあるようですね。
国旗が汚れたときに色あせてきれいになっていれば、国旗を交換する必要があります。洗濯後は、他の洗濯物と一緒に屋外で乾かすことはできません。破損して磨耗した旗はすべて、廃棄のために密封された黒いゴミ袋に詰めて、ゴミ箱に入れないでください。

誕生した背景

14世紀にはサンスクリット語で「ライオンの町」を意味する”シンガプーラ”という町の呼び名が定着していたようです。
1965年シンガポール建国の父リー・クアンユー首相によってマレーシアからたもとを分かち、独立いたしました。

国の特色・人種構成

20世紀末ごろには”アジアのフォードラゴン(四小龍)”といわれまして、韓国・台湾・香港と並ぶその一角に君臨しておりました。
シンガポール独立の父であり、初代首相、「リー・クアンユー」さんが、どんどん外資を導入し、汚職を厳しく取りしまるなど、長らく、この国をあらゆる分野からひっぱって、奇跡的な経済発展を実現してまいりました。
元来、この国は半島の先にある小さな島国で、住んでいる人種はバラバラ、かつ、人口もそう多いわけでなく、資源自体はきわめてとぼしいです。シンガポール人はこれを逆手に取ったんですね。狭い範囲に一極集中、かつ人種や宗教には寛容で、資源がないから、よそからいろんなものを呼びこんだんですね。
やや専制的なやり方で批判もありますが、「偉大なる国父」は2015年に亡くなりました。
今もなお、インターナショナルで堅調な経済のこの国の行く末は、世界の注目を集め続けております。

シンガポールの人種構成は、
中華系が全体の約4分の3。
マレー系が15%程度。
インド系が8%程度。
などとなっております。
シンガポールも少子化が急速に進行しており、移民推進と、現状確保の両方の主張の違いから軋轢が生まれております。

シンガポールの国旗

シンガポール国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

シンガポールのフリー素材
シンガポールのフリー素材2

シンガポール国旗の画像(フリー・商用利用可能)

シンガポールのフリー画像

その他のアジアの国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する。5人目のアイスランドが近日公開!

Dragon and Tiger Brothers of the Orient

亜細亜の龍

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。