インドの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

インドの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、インド国旗イラスト素材などを解説いたします。

We also encourage fan art. If you make something, please show us on Twitter. hashtag is #worldflags_fa
We will send information such as illustration updates and interesting information on Twitter! Please follow @worldflagsorg !  
World Flags was created by wanting to get along with each other by wanting to expand the diversity and values ​​of the world by personification.

インドの国旗

国名の正式名称

インド共和国

インドを表す漢字一文字

国旗の色の意味

サフラン・白・緑の横三色旗で、中央にチャクラ(法輪)が描かれています。サフランは国家の強さと勇気を示します。ほとんどのインドの言語では、色は 'Kesari'と呼ばれています。勇者の色です。 白は平和と真実を表します。インド連合の設立原則。中央のアソカチャクラ、ネイビーブルー。 緑はインドを成長と発展へと導く土地の繁栄を示します。

国旗の特徴

国旗の縦横比は2:3です。これによく似た国旗としてニジェール国旗があります。ニジェールは上段が橙、中段が白、下段が緑です。中央には太陽を表す橙の円が描かれています。しかし、縦横比は6:7なので比に注目すれば区別がつきます。アイルランドやコートジボワールとも似ていますが、こちらは縦三色旗なので横三色旗のインドとは違いが明白です。

インドの地図

国旗の色(色番号)

#fc840a #060659 #fc902a #8585a2

インド国旗の意味や由来

インド国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

インド国旗の由来

1947年にインドがイギリスから独立した際、国旗のシンボルは特定の共同体や運動を表してはならないという意見から糸車の代わりに仏教のダルマ(法)を意味するアショーカ・チャクラを採用し、最終的にガンディもこれに同意しました。

国の特色・人種構成

面積328万7469平方キロメートル、人口12億1000万人の大国です。
首都はニューデリーです。
インド=アリーア系民族とドラビダ系民族からなります。
公用語はヒンディ語、準公用語として英語が採用されています。
憲法に記載された言語は22です。

まさに、多様性の国です。
宗教はヒンドゥ、イスラーム、シーク、ジャイナ、仏教など数多くあります。
北インドでは小麦、南インドではコメやサトウキビなど、中央部のデカン高原では綿花の生産が盛んです。

綿工業を中心とした軽工業国でしたが、近年は情報関連産業など先端技術の分野で成長が著しい国です。

インドの国旗

インド国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

インドのフリー素材
インドのフリー素材2

インド国旗の画像(フリー・商用利用可能)

インドのフリー画像

その他のアジアの国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する。5人目のアイスランドが近日公開!

Dragon and Tiger Brothers of the Orient

亜細亜の龍

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。