マレーシアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

マレーシアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、マレーシア国旗イラスト素材などを解説いたします。

We also encourage fan art. If you make something, please show us on Twitter. hashtag is #worldflags_fa
We will send information such as illustration updates and interesting information on Twitter! Please follow @worldflagsorg !  
World Flags was created by wanting to get along with each other by wanting to expand the diversity and values ​​of the world by personification.

マレーシアの国旗

国名の正式名称

マレーシア

マレーシアを表す漢字一文字

国旗の色の意味

国旗に使われている「赤」「白」「青」はかつてこの国を支配したイギリスの「ユニオンジャック」に由来しております。 マレーシアの反英感情は比較的薄いと言われております。 そういえば、わたしがマレーシアを訪れたちょうどその時、英連邦下のオリンピックみたいなの(1998年コモンウェルス)が同国を会場にして行われておりましたが、特に何のいざこざもなくかえって「ウェルカム」みたいな風でした。 また、マレーシアは太平洋戦争の時期、日本に占領されたことがありますが、今は結構な「親日国」として知られております。 マハティール元首相の同じアジアの経済大国である日本を見習おうという意図を組んだ「ルック・イースト政策」はよく知られております。 実際、その効果もあって、マレーシアは20世紀末ごろに劇的な経済発展を成しとげました。 さて、国旗の色について話を戻しましょう。 まず、「赤」と「白」は東南アジア地域では伝統的に、非常に親しみ深い色だとされております。 たとえば、タイ、シンガポール、インドネシア、など、その色を基調にした国旗を採用した国は少なくありません。 「青」は”多民族国家である国民の団結”を、 「黄」はスルタン(国王)の権威を表しております。 そうです。 マレーシアには王様がいらっしゃいます。 元々、今のマレーシアはそれまでにあった小さな王国の連合体です。 今のアラブ首長国連邦にちょっと似ておりますね。 そして、その王位は5年ごとに輪番制で実質持ち回られているようです。

国旗の特徴

国旗の縦横比は2:3です。イタリアの三色旗はトリコローレといわれます。フランスのトリコロールと同じく、三色旗という意味です。類似した国旗にメキシコ国旗があるが旗の縦横比が異なっており、メキシコ国旗のほうがやや細長いです。フランス三色旗の影響を受けた国々とは似たデザインとなっています。

国旗の色(色番号)

#d6bfc1 #0b2da1 #0431ac #dc1c16

  • 名前
  • 阿漸武(AXAMU)
  • 誕生日(国旗制定日) 9月16日
  • 星座 おとめ座Virgo
  • 身長 174cm
  • 血液型 B
  • 戦い方 パワー型
  • 得意な構え 左上段の構え
  • 利き手 右手
  • 周りがキャーキャーしてようが思ったことだけをやる己の道を行く性格。兜の星と太陽は宇宙に行って取ってきたとみんなに言うぐらいのロマンチスト。
    三日月の刀で繰り出す三段突きはかわすことが出来ないといわれている。
    最近はまっていることは、マラッカ海峡の崖からダイブして深海生物を捕獲すること。
    口癖は「マラッカの風が俺を呼んでいる!!」

マレーシア国旗の意味や由来

マレーシア国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

マレーシア国旗の由来

現在の国旗の原型は元々、今のマレーシアの前身である「マラヤ連邦」の旗として1950年に制定されたものです。
その時は今よりも3つ州および直轄市が少なかったため、地の横ストライプ線が、赤1本、白2本、少ないです。
また、星から放たれる光線の数もやはり3本少ないものとなっておりました。
「三日月」と「星」は国内にその信者が多い”イスラム教”に由来しております。

マレーシア国旗擬人化イラスト

ファンアート

誕生した背景

マレーシア領のうちのマレー半島にある州が結束し、1957年「マラヤ連邦」が独立を勝ち取ります。
さらに、1963年シンガポール、イギリス保護国であった北ボルネオ、イギリス領サラワクが「マラヤ連邦」と統合され、「マレーシア」が成立いたしました。
その2年後、華人の主権などをめぐる意見の違いなどからシンガポールが脱退いたしますが、その時の「マレーシア」が今へとつながっております。

国の特色・人種構成

元来、スズやボーキサイト・原油・天然ガスといった鉱物資源に恵まれております。
さらに、近年は中国の物価・人件費高騰の受け皿としても期待が集まっております。
IT先進国を目指しており、その地歩を着々とのばしております。
また、ペナン島・ランカウイ島など、リゾート大国としても日本にはなじみが深いです。
海の回廊、マラッカ海峡に面するだけあって国内の人種構成も多様性に富んでおります。

マレー系が6割あまり。
華人系が2割あまり。
インド系が1割ぐらい。
となっております。
もちろん、マレー系といってもその部族は様々であり、各人種の混血の方もいらっしゃいます。

マレーシアの国旗

マレーシア国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

マレーシアのフリー素材
マレーシアのフリー素材2

マレーシア国旗の画像(フリー・商用利用可能)

マレーシアのフリー画像

その他のアジアの国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。