ミャンマーの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

ミャンマーの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ミャンマー国旗イラスト素材などを解説いたします。

ミャンマーの国旗

国名の正式名称

ミャンマー連邦共和国

ミャンマーを表す漢字一文字

国旗の色の意味

「黄」は”国民の団結”、あるいは、”平和と平穏”を、 「緑」は”平和豊かな自然”、あるいは、”団結と調和”を、 「赤」は”勇気と決断力”、あるいは、”愛”を、 横ストライプ3色すべてにまたがるように輝く「白い五角星」は”地理的にも、民族的にも一体になる”という意義を、 表しております。

国旗の特徴

黄・緑・赤の均等横ストライプ。 中央に白く大きな五角星。

国旗の色(色番号)

#f2d3cb #2aaa2b #e82333 #fccc04

  • 名前
  • 宮弥民(MYAMIN)
  • 誕生日(国旗制定日) 10月21日
  • 星座 てんびん座Libra
  • 身長 165cm
  • 血液型 O
  • 戦い方 術型
  • 得意な構え 正眼の構え
  • 利き手 左手
  • ミャミン。クールで冷徹、喜怒哀楽を見せない。だがすれ違うときだけは必ず笑顔になる不思議な陰陽師。己に「有言実行」という術をかけているので、言ったことは必ず遂行する真面目なキャラでもある。黄金の獅子を召喚し戦う、亜型の陰陽師。ベトナムのグエン君とは術訓練を一緒にすることがおおい。
    好物は「サッターヒン」とよばれる山羊のカレー。辛いモノを食べるときも常に顔はクール。

     

ミャンマー国旗の意味や由来

ミャンマー国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ミャンマー国旗擬人化画像

ミャンマー国旗の由来

ミャンマーといえば、つい20年ほど前まで「ビルマ」という世界的に国名で知られておりました。
この国の現地での書き言葉(文語)がミャンマーであり、話し言葉(口語)がバマーです。
このバマーが日本には「ビルマ」として入ってきました。
そういえば、元首都ラングーンも同じころヤンゴンと呼ぶようになり、2006年にはネピドーに遷都いたしました。
圧倒的大都市であり、歴史もあるヤンゴンからなぜ、なにもない辺鄙なところに遷都したのかは、対侵攻の戦略上、治安対策、占星術によるお告げ、……などと諸説飛び交っておりますが、正確なところはわかっておりません。
国旗もやはり同じです。
2010年までは全体に赤地。
そして、左上カントンは青地、そしてその中に白い歯車を背景に白い稲。それを取り囲むように白い星々。
こちらの方がなじみの強い方は多いかもしれません。
こちらもなぜ変更になったのかは不明です。

ミャンマーの国旗

ミャンマー国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ミャンマーのフリー素材
ミャンマーのフリー素材2

ミャンマー国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ミャンマーのフリー画像

その他のアジアの国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。