パラオについて

国旗の由来

かつて日本に統治された時期があり、最近になってもかなりの親日国であるので、「日章旗」に由来するのではないか、という説があるようです。 しかし、今のところそのような事実は見つかっておりません。 パラオの国旗の真ん中の円は「満月」を表します。 それに比べると日本は言わずと知れた「太陽」です。 今のデザインは1979年パラオの国旗を決めるコンテストで優勝したジョン・ブラウ・スキーボング氏によるものです。

国旗の特徴

明るい青地の真ん中より少し左寄りに金黄色の円。 「バングラディシュ」の国旗よろしく、パッと見、日本の「日章旗」によく似たデザインです。 真ん中より少し左寄りにしているのは、旗がなびいた時に中心に見えるように、という意図がこめられております。

国旗の色の意味

「明るい青」は”パラオの海”や”外国から主権を取り戻した歴史””過去の暗闇からの脱出”を、 「金黄」色の円は”誇り”や”団結””健康””繁栄””愛と平和”や”満月”を、 表しております。 ちなみにパラオでは”満月”の日は1カ月のうちでもっとも縁起のいい、という言い伝えがあります。 さらに、パラオでは”満月”を”熟したフルーツ”にたとえる習慣があります。 すなわち、パラオが”熟した”主権国家となって、国際社会に登場することができた、という意味もこめられております。