スリランカの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

スリランカの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、スリランカ国旗イラスト素材などを解説いたします。

スリランカの国旗

国名の正式名称

スリランカ民主社会主義共和国

スリランカを表す漢字一文字

国旗の色の意味

先にも記しましたが、「緑」「サフラン色」「4隅の菩提樹の葉」はそれぞれの国内宗教を表しております。 そして、「緑」はイスラム教を信仰するタミル人、 「サフランイエロー」はヒンドゥー教を信仰するムーア人、 「4隅の菩提樹の葉」は仏教を信仰するシンハラ人 をも示し、民族の融和を象徴しております。

国旗の特徴

正式な縦横比は「1:2」とフィリピン、ニュージーランドなどと同じ”やや横長”です。 旗のデザインは旗地の左3分の1ほどと、右3分の2ほどの組み合わせです。 左3分の1は縦に緑とサフランイエローの2色ストライプ。 右3分の2は赤地に金色のライオンが剣を握りしめ、その4隅に菩提樹の葉を置いております。 そして、両デザインに黄地背景の1つの旗章としてまとめております。 「ライオン旗」とも呼ばれております。

国旗の色(色番号)

#fa6a04 #921836 #0d6b23 #9c1d3a

スリランカ国旗の意味や由来

スリランカ国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

スリランカ国旗の由来

1948年、独立した当初はスリランカ国内にあったシンハラ人最後の王朝”キャンディ王国”の旗を元にしたものを採用いたしました。
この時のデザインは赤地に金色のライオンが剣を握りしめている様子。
今の国旗のデザインの右3分の2に類似したものです。
その後1951年、国内では少数派である「イスラム教徒」の緑と、「ヒンドゥー教徒」のサフランイエローの縦2色ストライプ模様を加え、1972年には国内多数派である「仏教徒」をイメージしてライオンの4隅に菩提樹の葉を付け加えられ、1978年このデザインが公式採用されました。

誕生した背景

紀元前5世紀ごろ、今のスリランカの人口の7割を占めるというシンハラ人がインドから海を越えて移住してまいりました。
ライオン(シンハ)と人間の子どもがシンハラ人の先祖という伝承があり、仏僧法顕の『仏国記』には「獅子国」とあります。
やがてスリランカ自治が認められました。

国の特色・人種構成

インド亜大陸東南沖にある島国。
そして、「スリランカ」という国名はシンハラ語で「聖なる輝く島」という意味です。
2009年に内戦が終結してから、復興・経済成長は着実になされつつあります。
数々の仏教遺跡や鬱蒼とした密林、シュノーケリングに最適な美しい海など魅力ある観光資源は盛りだくさんです。
ちなみに「スリジャヤワルダナプラコッテ」という首都の名の由来が気になる方は多いでしょう。
「スリ(聖なる)・ジャヤワルダナ(第2代大統領名)・プラ(街)・コッテ(元々の街の名前)」です。
こちらにもジャヤワルダナさんの名前が使われておりますね。
現地でも長すぎると感じられているのでしょう。
一般に「コッテ」や「コーッテ」と呼ばれています。

国内の民族構成は、
シンハラ人。
タミル人。
ムーア人。

スリランカの国旗

スリランカ国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

スリランカのフリー素材
スリランカのフリー素材2

スリランカ国旗の画像(フリー・商用利用可能)

スリランカのフリー画像

その他のアジアの国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。