アルバニアの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗図鑑ワールドフラッグスロゴ

アルバニアの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、アルバニア国旗イラスト素材などを解説いたします。

アルバニアの国旗

国名の正式名称

アルバニア共和国

アルバニアを表す漢字一文字

国旗の色の意味

双頭の鷲が左右を向いているのは東洋と西洋を表しています。

国旗の特徴

アルバニアの国旗は、中央に双頭の黒鷲を描いた赤旗です。このデザインは現在の国章にも使用されているだけでなく、15世紀から黒鷲は、アルバニアの国旗には欠かせないものとなっています。

国旗の色(色番号)

#c30c1c #040404 #cc0c24 #49040d

  • 名前
  • 母倶駄弐(Bogdani)
  • 誕生日(国旗制定日) 4月7日
  • 星座 牡羊座Aries
  • 身長 174cm
  • 血液型 O
  • 戦い方 バランス型
  • 得意な構え 二刀流
  • 利き手 両手
  • ボグダニ。性格はいたって外出が好きで家にずっといることができない性格。そのため研究所からも抜け出すことが多い。人の物は自分の物。自分の物も人の物。という信条があり、何でもシェアするのが好き。相手が喜ぶぐらいの量をシェアする。人の話は聞いているようで聞いていないので話すより行動で示すことが多いです。アイソ・ポリフォニー(同音多声合唱)のプロでもあり、歌で共振させる特殊技を持つ。鷲の子孫と呼ばれることもある。

アルバニア国旗の意味や由来

アルバニア国旗の意味や由来をまとめました。

アルバニア国旗の由来

アルバニアは、紀元前は東ローマに所属しその後はオスマン帝国、イタリア、ドイツ、ソ連の占領や国土解放を乗り越えて独立を果たした国です。その影響もあり、王政から社会主義を経て現在の共和制に落ち着きました。

アルバニア国旗擬人化画像

そのためか現在の国旗のデザインに確定したのは1992年と比較的遅めですが、その間に何度か国旗のデザインは変更されています。しかし、そのすべてに双頭の黒鷲が描かれています。

この黒鷲はアルバニアの英雄と言われているスカンデベルクの紋章が由来です。このスカンデベルクは、15世紀にオスマン帝国からアルバニアを独立に導いたことで、アルバニアは初の独立を果しました。

しかし、アルバニアの独立は長くは続かず1468年にスカンデベルクが亡くなると勢いは失速し、12年間独立をしましたが、再度オスマン帝国に併合されました。

1992年に選挙により戦後初の非共産政権が誕生したことにより、共和制に移行。アルバニア共和国が設立されました。それに伴い旗も変更され黄色の五角星を旗のデザインから取り下げ、現在の国旗になりました。

その他の欧州の国旗一覧

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

THE Fifth Northern Kings

北欧五神将

北欧の五神将。スカンジナビアクロスを掲げる北欧の守護神

Dragon Tiger of the Asia

亜細亜の龍虎

アジア経済・世界経済を担う龍と虎

Holy house in Southeast Asia

唖聖庵(ASEAN)

東南アジアの経済発展を担う聖なるガーディアン

Miranda Three Generals

美乱騨守璃威(ミランダスリー)

ミランダ色をもった三将軍

World Flags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。