フランスの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

フランスの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、フランス国旗イラスト素材などを解説いたします。

フランスの国旗

国名の正式名称

フランス共和国

フランスを表す漢字一文字

誕生年

1958年

国旗の色の意味

フランス第五共和国憲法では、国旗は「自由・平等・博愛」を表すとしていますが、どの色が当たるかなどは定めていません。したがって、青=自由、白=平等、赤=博愛というのはいわゆる俗説とされます。それぞれの色は花で表現されます。青=矢車草、白=マーガレット、赤=ヒナゲシです。

国旗の特徴

フランスの国旗は通称トリコロール(フランス語で三色の意)と呼ばれます。三色は比率は等分のものと青:37、白:30、赤:33のものの2種類あります。大半の旗は等分のものですが、海上用は比率が異なったものを使用しています。海上用が比率が異なっている理由は人間の目に明るく・大きく見えやすい膨張色である白を抑えることでバランスよく見えるようにするためといわれています。

フランスの地図

国旗の色(色番号)

#ec3a2f #062b5e #c9c6ca #7e93ad

フランス国旗の意味や由来

フランス国旗の意味や由来をまとめました。

フランス国旗の由来

王政時代、フランス国旗は青地に王家の紋章である百合をあしらったものでした。現在のデザインとなったのはフランス革命後です。
革命初期の中心人物であるラファイエットらがパリの市民軍が掲げた「青・赤」に白を加えて作られたというのが通説です。以後、王政復古期間などの一部の例外を除いて、トリコロールが国旗として使用され、現在に至っています。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

2015年のパリ同時多発テロは世界に大きな衝撃を与えました。こうした中、フランスに対する連帯と犠牲者への追悼を表明する手段としてフランス国旗やそのカラーをつかう動きがみられました。
東京では東京タワーがトリコロールの色でライトアップされました。
フェイスブックではプロフィール写真にトリコロールをかぶせる機能を選択できるようになりました。

フランス国旗擬人化画像

誕生した背景

共和政ローマのカエサル(シーザー)がケルト人の一派であるガリア人が支配していた地域を属州としたことでローマ文化が流入しました。
5世紀にゲルマン人の大移動によりフランク族が北東部から浸透しフランク王国が成立しました。
これがフランスの直接的起源です。8世紀~9世紀にかけてカール大帝(シャルルマーニュ)が打ち立てた西ヨーロッパの統一が崩れフランク王国が3つに分裂します。
そのうち、現在のフランスを中心としたのが西フランク王国です。
パリ盆地を周辺とするカペー朝は他の諸侯を次第に勢力下に収めました。
フランスに大きな影響力を持っていたイギリスのプランタジネット朝と争い王権を拡大させました。カペー朝が断絶するとフランス王位をめぐってイギリスとヴァロワ家の間で百年戦争が起きます。この末期に活躍したのがジャンヌ=ダルクです。彼女の活躍もあり、フランスからイギリス勢力はほぼ一掃されました。
ヴァロワ朝が断絶したのち、ブルボン朝が成立します。

この時代のルイ14世は絶対王政を確立したことで知られます。
彼のもとでフランスの王朝文化は一つの頂点を迎えます。
ヴェルサイユ宮殿などがつくられたのもこの時代です。
18世紀末、財政難からの増税により強い反発がおき、フランス革命が起きます。現代フランスの原点とも言ってよいこの革命のときに国旗である三色旗や国歌のラ・マルセイエーズが作られました。

第一共和政は英雄ナポレオンの登場により第一帝政へととってかわられます。
ナポレオンの没落後一時的に王政が復活しますが、二度の革命の末、第二共和政へと移行します。
ナポレオン三世の登場により再び帝政(第二帝政)となりますが、プロイセンとの普仏戦争に敗れ第三共和政となります。
二つの世界大戦ではいずれも隣国のドイツと戦います。

戦いには勝利したものの国土は荒廃し両国とも甚大な被害を出します。この教訓から戦後は周辺国との協調を図りEUの中心国となりました。

フランスの国旗の歴史

  • フランスの国旗の始まり
    12~13世紀
    12~17世紀後半頃まで、実はフランス国旗(当時はフランス王国)は現在のトリコロールカラーではありませんでした。12~13世紀ごろの大昔には、フランス国旗は青い色一色に、
    フランス王家の紋章である百合の花のモチーフが散りばめられたものがフランス王国の旗として使用されていました。
    13~16世紀には、青色に王家の紋章である百合のマークが3つになり、その後は百合委のマークに王冠がかぶされた、優勝カップのようなデザインの時代があったりします。
    1794年2月15日、現在のフランス国旗が制定されましたが、1814年から1830年まで、王政復古のためにフランス国内から姿を消していた時期もあるのです。
  • フランスの国旗へ
    1794年
    フランスの国旗は、1794年に正式に採用されました。
    青、白、赤の三色が使用されています。この三色がいわゆる「トリコロール」と呼ばれるものとなっています(※トリコロールとは、フランス語で「三色)を意味します)。
    この三色はそれぞれ、青=自由、白=平等、赤=博愛を表されていて、青=矢車草(矢車菊)、白=マーガレット、赤=ヒナゲシの花ともされています。
    このフランス国旗の発案者は、フランス革命の指導者の一人であるラファイエット、もしくは革命政府において初代パリ市長に任命されたバイイであるとされています。
    三色の国旗が発案されたのは、1789年にフランス革命が起こった後のことで、革命軍が帽子につけていた帽章の色=赤と青が、フランス王家を表す白を挟むことによって、
    パリと王家が和解したことを表現した、というのがフランス国旗の有力な由来となっています。
    追記として、フランス国は古くはガリアと称し、ローマ帝国の属州とされています。 フランスの国名は、5世紀に国を征服したフランク族に由来しており、その後分裂しましたが、
    14~15世紀の百年戦争を経て統一国家を形成しました。
    1789年、フランス革命で第1共和制が成立となります。のちナポレオン1世による第1帝政。1958年以降、ド・ゴールによる第5共和制です。
  • 陸上で使われるものと海上で使われるフランス国旗へ
    現在
    フランスの国旗には、実は陸上で使われる国旗と海上で使われる国旗が少し異なります。もちろん3色の色が異なるもので違うとか、つくりやデザインが違うとかいうものではなく、
    言われてみなければわからない程度のちょっとした幅の違いとなっています。
    海上で使われるフランス国旗は、色ごとに幅が違っています。理由としては、海の強い風邪で国旗がはためき、色が良く見えないからというもの。
    補足で付け加えるとすると、、真ん中の白い色が膨張して見えるので、右側の赤い色が細く見えてしまうからという理由もあるとされています。
    はためくフランス国旗が、同じ幅に見える比率が、旗竿の青が30センチ・真ん中の白が33センチ・右側の赤が37センチとして設定されています。
  • 旧植民地や領土の国旗など
    現在
    旧植民地や領土といった国もそのほぼすべてにトリコロールが施されています。
    フランスという国はとても国旗愛が強い、自国愛ともいえますが、そのあたりがとても強い国であり国民性です。
    町のいたるところに国旗が掲げられていて、国旗を見ない日は無いというほどの国旗の多さです。
    国旗のデザインも1974年から変化は無く、アメリカの20数回のモデルチェンジとは対照的に、同じデザインを貫く稀有な国、国旗とも言えます。

国の特色・人種構成

人口は6718万人、本土の面積は54万4000平方キロメートルです。ヨーロッパの西部を占め、大西洋と地中海に面する国です。

気候は西部から北西部が温帯多雨気候、東部は大陸性気候、南部は地中海性気候です。首都はパリです。
パリは芸術の都として名高く、ルーブル美術館をはじめ多くの美術館や世界遺産が国内に点在しています。
南部のニースなどは夏に晴れる気候を生かした観光産業が盛んで、コート・ダジュール(紺碧海岸)とよばれるリゾート地となっています。

民族の多くはラテン系フランス人からなり、宗教は大部分がカトリックです。西ヨーロッパ最大の農業国で穀物・酪農製品を輸出しています。小麦やブドウ・チーズの生産が盛んです。
ブドウから作られるワインは世界屈指です。また、鉄鉱石やボーキサイトなどの資源にも恵まれています。

第二次世界大戦後は国内産業の育成に力を入れ、各地に工業基地を建設し工業国として発展を図りました。
エネルギーを自給するという考え方から原子力発電が盛んです。隣国のドイツとは歴史的に対立を繰り返してきましたが、第二次世界大戦後は協調に転じ今ではドイツとともにEUの中心国となっています。

フランスの国旗

フランス国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

http://www.civillink.net/sozai/kakudai/sozai2658.html
http://01.gatag.net/0007930-free-illustraition/

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。