ルクセンブルクの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ルクセンブルクの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ルクセンブルク国旗イラスト素材などを解説いたします。

ルクセンブルクの国旗

国名の正式名称

ルクセンブルク大公国

ルクセンブルクを表す漢字一文字

誕生年

1815年

国旗の色の意味

「ルクセンブルク公家の紋章」に由来しております。 その紋章とは、「水色」と「銀(白)」が横に交互に織りなす縞模様。 そして、その中央には黄色い冠をかぶった「赤い」ライオンが猛り立っております。 なお、このライオンは「リンブルグライオン」と呼ばれております。 そして、「ルクセンブルク公家の紋章」は今のルクセンブルク大公家の「家紋」およびルクセンブルク大公国の「国章」へと受け継がれております。 この「国章」のデザインは例の紋章を、左右から金色のライオンが背後を振り返りながら支えていたり、紋章の頭に色とりどりの宝石をちりばめ、花や十字の装飾をほどこした華麗な王冠を戴いていたり、背景に白と赤のリバーシブルのカーテンが張られていたり、と、用途による種々に意趣をこらし、大公家と大公国の誇りと威厳を示すものとなっております。今は「商船旗」としても使用されております。

国旗の特徴

横に赤・白・水色の均等3色ストライプ。 かつて同君連合を組んだオランダと非常によく似たデザインとなっております。 ちなみに、オランダの国旗は、横に赤・白・青の均等3色ストライプ。青の濃さがちがうだけです。 ただ、縦横比率ではルクセンブルクが 3:5または1:2オランダは2:3と、 ルクセンブルクの方がやや”横長”となっております。

ルクセンブルクの地図

国旗の色(色番号)

#ec392e #0494d4 #cacdd2 #0496dc

ルクセンブルク国旗の意味や由来

ルクセンブルク国旗の意味や由来をまとめました。

ルクセンブルク国旗の由来

1830年ベルギーが統治していたオランダに対して反旗を翻します。「ベルギー独立革命」当時、同じくオランダ統治下にあったルクセンブルクはベルギー側につきます。ベルギーは独立を勝ち取り、ルクセンブルクの今の国土の半分もベルギー領内に加わることとなりました。赤・白・水色の3色の旗が初めて使用されたのが、この革命の時だといわれております。

国旗にまつわる面白エピソード・風習

赤・白・水色の色の由来は13世紀ごろに制定された「ルクセンブルク公家の紋章」です。よって、国旗の色は同君連合を組んだオランダをまねたわけではない!ということになります。その後、1845年に今のデザインへと定着。公式に国旗として制定されたのは意外と最近で1972年のことです。

誕生した背景

 963年。フランス系の貴族アルデンヌ家のジーゲフロイト伯爵が今の首都の領土に城を築きました。これが当時、“lucilinburhuc(小さな城)と呼ばれており、変化して“Luxemburg(ルクセンブルク)となったようです。その後、1060年ごろにはアルデンヌ家からルクセンブルク家()に伯爵位が与えられました。当家は14世紀から15世紀にかけては「神聖ローマ皇帝」や「ボヘミア国王」を輩出するほどでしたが、いわゆるお家断絶が起こり、ブルゴーニュ公国に併合されてしまいました。

その後、ハプスブルク家の支配に移ります。フランス革命期にはお隣フランスの支配を受けることとなってしまいますが、「会議は踊る。されど進まず」で有名なウィーン会議で「ドイツ連邦に加盟しながらもオランダ国王を大公とする」というなんだかややこしい条件付きで独立を果たします。

その後もプロイセンやオランダ、ベルギーなど近隣諸国にいろいろと干渉を受けながらも、1867永世中立国となり、1890年には元ナッサウ公のアドルフが大公の位に就き、オランダとの同君連合を解消いたしました。()現在のルクセンブルク大公家は、古くのルクセンブルク家とは直接的にはつながっておりません。姻戚関係を通じてつながっております。

国の特色・人種構成

おとなりのオランダ・ベルギーと合わせて「ベネルクス三国」のひとつとして知られております。広さは沖縄県程度。人口は50万人弱、東京の江東区や千葉県松戸市、兵庫県の西宮とほぼ同規模となります。経済は多様。鉄鋼業を中心とする重工業が知られております。それでいて田園風景などの豊かな自然を有しており、エコツーリズムなどの観光も盛んです。外資の導入には積極的!先進国中では税率が低く、「タックスヘイブン(租税回避地)」と見なされてもおります。

特にインターネット関連企業において、スカイプ、ebay、アップルなどを筆頭として本社機能を続々と誘致。日本企業でも楽天がヨーロッパ本社をここに置いております。さらに金融においてもスイスに匹敵するほどのプライベートバンキングの中心地。金正日の隠し財産もここに預けられているといいます。農業では白ワインやチョコレートが有名。ルクセンブルクは2017年データ一人当たり”GDPにおいて、あのスイス、バーレーン、マカオなどをおさえ、世界ダントツ1位という、大富裕国家です。

ルクセンブルクは移民を大量に受け入れており、2016年データでは、人口の半分近くが外国出身者です。その主な来歴はポルトガル、フランス、イタリア、ベルギーなど。しかもポルトガルは外国出身者のうち4割近くを占めます。元来のルクセンブルク住民はケルト人やゲルマン人などの混血が主となっております。

ルクセンブルクの国旗

ルクセンブルク国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ルクセンブルクのフリー素材1
ルクセンブルクのフリー素材2

ルクセンブルク国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ルクセンブルクのフリー素材3

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。