ポーランドの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ポーランドの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ポーランド国旗イラスト素材などを解説いたします。

ポーランドの国旗

国名の正式名称

ポーランド共和国

ポーランドを表す漢字一文字

誕生年

1918年

国旗の色の意味

「白」は”共和国の尊厳”、あるいは、”自由と平和”を、 「赤」は”自由”、あるいは、”建国のために流された血”を、 表しております。

国旗の特徴

横に白と赤の横二色旗。 国旗が好きな方には「インドネシア」「モナコ」と”白と赤が逆”で有名となっています。 縦横の比率がそれぞれに異なります。 「インドネシア」はだいぶ横長の印象。 「モナコ」は正方形に近いです。 「ポーランド」はその真ん中ぐらいです。

ポーランドの地図

国旗の色(色番号)

#c1bebf #d41c34 #cb112b #cc1c34

ポーランド国旗の意味や由来

ポーランド国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ポーランド国旗の由来

かつて、はるかな昔のことです。
「夕日を受けた白い鷲が空を飛ぶ姿を見たなら、そこに国都を定めよ」
と啓示を受けたポーランド最初の建国の英雄といわれるレヒが、後にワルシャワとなる地において、その光景を目の当たりにし、赤地に王冠を戴いた白鷲を国章にかたどったのが今の国旗の根源だといわれております。
こういった建国物語は「メキシコ」においてもよく似た話が見られます。
その点については本サイト「メキシコ」において掲載しております。
もしよろしければご参照ください。
その後も、ポーランドの長い伝統の中で、この「赤」と「白」を基調とした国旗の系譜が受け継がれ、今へといたっております。
国内では、今の国旗の上部中央に鷲の紋章を入れたものを掲げることが多いです。

国旗にまつわるエピソード・風習

「ポーランドボール」なる漫画が一部で話題になっているようです。
キャラクターはそれぞれの国や地域や団体の旗をモチーフとしており、大概は白い眼を持った球体でゆる~く描かれております。
ただ、その至極シンプルでシュールなありさまが、「かわいい!」と癖になる人も多いでしょう。
「イギリス」はシルクハットをかぶっております。
「アメリカ」はグラサンをつけております。
「イスラエル」はなぜか引っ越し屋さんの段ボール箱みたいになっております。
「ネパール」が牙が生えてガオーみたいになっております。
やはり、三角旗二つ重ねのあの形に由来しているのでしょう「サウジアラビア」はクーフィーヤ(白い布)をちゃんと巻いております。
もちろん、「ポーランド」がこの世界の主役クラスです。
11月11日はポーランドの建国記念日です。
この日になると、国中で国旗が翻り、また、人々が「赤」と「白」をかたどった腕章を巻いたりして祝います。
このセレモニアルな記念日を、国家を挙げて盛大に、という国は多いですが、この長い格式と伝統あふれるポーランドでその雰囲気を味わう、というのもいいかもしれませんね。

誕生した背景

かつて政治・経済・軍事いずれにおいても成功し、「黄金時代」をほしいままとしたポーランド。
しかし、大陸国ならではの深刻な内憂外患に次第に悩まされるようになってゆきます。
プロシア、ロシア、オーストリア、フランスなど次々と列強の荒波が押し寄せ、翻弄します。
第一次世界大戦が終わると、それまでポーランドを実質分割支配していたドイツとソ連からの独立を勝ち取ります。
第二次世界大戦に入ると野心をむき出しにしたナチスドイツとソ連によって双方向から攻められ、再び占領されます。
しかし、ナチスドイツの敗退によりポーランドは独立国として復権。
その後、ソ連が主導する共産主義陣営に属しますが、東西冷戦構造の終焉により、現在は民主国家となり、EUにも加盟しております。

国の特色・人種構成

その地政学上、常に強大国に囲まれており、そういった苛酷な環境をくぐりぬけてきた独特の文化風土を有しております。
実は、結構な親日国といわれております。
その由来といわれるのが、日露戦争の頃、ポーランドにとってもロシアは共通の敵だったこと。
この辺りにもポーランドの複雑な歴史がうかがえます。
そして、あの悪名高き「アウシュビッツ収容所」の悲劇。
名画として名高い『戦場のピアニスト』もポーランドが舞台です。
それでいてこの国は生き残りのために世界中の様々な人々を受け入れた、という伝統があり、その多様性から独特の文化へ醸成したとされております。
ピアノの詩人「ショパン」。
地動説を説いた「コペルニクス」。
ノーベル物理学賞・化学賞を受賞した「キュリー夫人」。
『惑星ソラリス』を書いた「レム」。
みな、ポーランド人です。
国際補助語としての「エスペラント語」もポーランド発祥です。
近年はIT技術に力を入れており、世界でも注目されております。
ポーランド国内の人口構成としては、そのほとんどがポーランド人です。
ただ、その複雑な歴史からルーツはスラブ系、ゲルマン系、モンゴル系、トルコ系、ユダヤ系など、様々なものが入り混じっております。

ポーランドの国旗

ポーランド国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ポーランドのフリー素材
ポーランドのフリー素材2

ポーランド国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ポーランドのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。