スペイン

善意と美しさは長続きしない

スペイン王国

伊似衛守(Iniesta)

CV準備中

誕生日12月19日

身長170

血液型B

趣味シエスタ

特技エスパーダ

苦手巨大な牛

好きな食べ物パエリア

VOICE

準備中

PERSONALITY

正闘牛士でもあり、フラメンコのダンサーでもある。

彼が躍るパソドブレは世界中を魅了する。

パソドプレと剣技を合わせたマタドール剣技は先読みができない予測不可能な攻撃を繰り出す。

 

性格はお茶目。

女性をみるとすぐに「私とフラメンコをみにいこう!」と声をかけてしまう。

生粋のリーガ・エスパニョーラのファンでもある。

THREE-VIEW DRAWING

スペインについて

国旗の由来

この国旗が示すとおり、今のスペインにいたるまで、いろんな地域・いろんな王国がその時々によって離合集散を繰り返し、さらには王朝や共和制が幾度も交替をしております。
その都度、国旗や国章は様々に移り変わり、いろんな要素を組み替えてゆきました。

今、使用されている最新モデルはそれまで40年ほど国内に独裁を続けていたフランコが死亡して、元の王政に移って間もない1981年に制定されたものです。

フランコ政権時代も地の赤・黄・赤は変わりませんでした。
しかし、国章には今のものにワシと弓矢がプラスして描かれており、国章全体としてもさらに複雑なデザインでした。

国旗の特徴

「ロヒグアルダ(血と金の旗)」とも呼ばれます。
その別称が示すとおり、地はそれぞれに上から1:2:1に黄:赤:黄の横しま。

中央やや左に国章をあしらい、そこには、

盾の左上部にカスティーリャ王国を示す城が基調の紋章。
盾の右上部にレオン王国を示すライオンが基調の紋章。
盾の左下部にアラゴン王国を示す縦に金と赤のストライプの紋章。
盾の右下部にナバラ王国を示すチェーン状の十字の紋章。
盾の下部にグラナダ王国を示すザクロの実と葉を基調とした紋章。
盾の中央部にはボルボン家を示すフルール・ド・リスを基調とした紋章。
盾の左右にはジブラルタル海峡を示すヘラクレスの柱が描かれ、
そこに絡みつく赤地の帯に「PLVS VLTRA(より彼方へ)」と金字で書かれています。

盾の真上の大きな王冠はスペイン王のもの ヘラクレスの両柱の上それぞれの小さな王冠はスペイン王であり、神聖ローマ帝国皇帝のカール5世のものを表しております。

国旗の色の意味

赤は国を守るために流された血、
黄はヨーロッパの伝統的な染料ホザキモクセイソウの黄であり、富や帝国を表す。

やや凋落気味であったスペイン王国にあって立て直した中興の祖”カルロス3世”は1785年ごろに国旗の変更を断行。

それまでは白地に赤でしたが、
「世に白い旗が多くて見分けがつきにくい」
ということで、今のように黄と赤の国旗となった、ということです。