ナウルについて

国旗の由来

国旗そのもの全体でナウルの地勢を表現したものとなっています。青は太平洋を、黄色い線は赤道を表し、その下に置かれた白い星は、赤道のすぐ南に位置するナウル島の位置を表します。また、青が黄色の線で二分されているのは、ナウル人の祖先が赤道を挟んで南北様々な土地からこの地へ移住した経緯を、白い星が12本の光で構成されているのは前述の12部族を、白そのものはナウル人の富の源泉たるグアノ(リン鉱石)を象徴します。旧宗主国のイギリス、オーストラリア、ニュージーランドの国旗の影響からか、縦横比もそれらと同じ1対2が採用されており、未だナウルがこの3ヶ国と強い紐帯を維持していることがうかがえます。通貨も近隣で最も影響力の強い地域大国オーストラリアと同じ通貨です。

国旗の特徴

ナウルの国旗は1968年の独立と同時に制定されたもので、全体でナウルの地勢を表現したものとなっています。青は太平洋を、黄色い線は赤道を表し、その下に置かれた白い星は、赤道のすぐ南に位置するナウル島の位置を表します。また、青が黄色の線で二分されているのは、ナウル人の祖先が赤道を挟んで南北様々な土地からこの地へ移住した経緯を、白い星が12本の光で構成されているのは前述の12部族を、白そのものはナウル人の富の源泉たるグアノ(リン鉱石)を象徴します。旧宗主国のイギリス、オーストラリア、ニュージーランドの国旗の影響からか、縦横比もそれらと同じ1対2が採用されており、未だナウルがこの3ヶ国と強い紐帯を維持していることがうかがえます。通貨も近隣で最も影響力の強い地域大国オーストラリアと同じ通貨です。

国旗の色の意味

青は太平洋を、黄色い線は赤道を表し、その下に置かれた白い星は、赤道のすぐ南に位置するナウル島の位置を表します。また、青が黄色の線で二分されているのは、ナウル人の祖先が赤道を挟んで南北様々な土地からこの地へ移住した経緯を、白い星が12本の光で構成されているのは前述の12部族を、白そのものはナウル人の富の源泉たるグアノ(リン鉱石)を象徴します。