ナウルの国旗の画像イラストや意味、特徴、由来、誕生年

世界国旗侍ワールドフラッグスロゴ

ナウルの国旗や由来意味、特徴、国旗の成り立ち・豆知識、ナウル国旗イラスト素材などを解説いたします。

ナウルの国旗

国名の正式名称

ナウル共和国

ナウルを表す漢字一文字

誕生年

国旗の色の意味

青は太平洋を、黄色い線は赤道を表し、その下に置かれた白い星は、赤道のすぐ南に位置するナウル島の位置を表します。また、青が黄色の線で二分されているのは、ナウル人の祖先が赤道を挟んで南北様々な土地からこの地へ移住した経緯を、白い星が12本の光で構成されているのは前述の12部族を、白そのものはナウル人の富の源泉たるグアノ(リン鉱石)を象徴します。

国旗の特徴

ナウルの国旗は1968年の独立と同時に制定されたもので、全体でナウルの地勢を表現したものとなっています。青は太平洋を、黄色い線は赤道を表し、その下に置かれた白い星は、赤道のすぐ南に位置するナウル島の位置を表します。また、青が黄色の線で二分されているのは、ナウル人の祖先が赤道を挟んで南北様々な土地からこの地へ移住した経緯を、白い星が12本の光で構成されているのは前述の12部族を、白そのものはナウル人の富の源泉たるグアノ(リン鉱石)を象徴します。旧宗主国のイギリス、オーストラリア、ニュージーランドの国旗の影響からか、縦横比もそれらと同じ1対2が採用されており、未だナウルがこの3ヶ国と強い紐帯を維持していることがうかがえます。通貨も近隣で最も影響力の強い地域大国オーストラリアと同じ通貨です。

ナウルの地図

国旗の色(色番号)

#f6bd1c #c6cee1 #7c6464 #5c6c9c

ナウル国旗の意味や由来

ナウル国旗の意味や由来、フリーイラスト、画像をまとめました。

ナウル国旗の由来

国旗そのもの全体でナウルの地勢を表現したものとなっています。青は太平洋を、黄色い線は赤道を表し、その下に置かれた白い星は、赤道のすぐ南に位置するナウル島の位置を表します。また、青が黄色の線で二分されているのは、ナウル人の祖先が赤道を挟んで南北様々な土地からこの地へ移住した経緯を、白い星が12本の光で構成されているのは前述の12部族を、白そのものはナウル人の富の源泉たるグアノ(リン鉱石)を象徴します。旧宗主国のイギリス、オーストラリア、ニュージーランドの国旗の影響からか、縦横比もそれらと同じ1対2が採用されており、未だナウルがこの3ヶ国と強い紐帯を維持していることがうかがえます。通貨も近隣で最も影響力の強い地域大国オーストラリアと同じ通貨です。

誕生した背景

ナウルの歴史は紀元前1000年頃までさかのぼることができ、この頃に現在のミクロネシア系諸民族の先祖となる人々が太平洋南西部に移住したと考えられています。ナウル島ではこれらの人々が時間と共に12の部族に集約され、それぞれが農業と漁業を軸とした伝統的な生活を送っていました。転機が訪れたのは18世紀末、イギリス人がこの島を「発見」したことから始まり、後に太平洋の島々が欧州列強の植民地となっていく中、島のリン鉱石事業の可能性にいち早く気付いたドイツが、1888年にナウル島の領有を宣言しました。しかし第一次大戦後、敗戦国ドイツは全ての植民地を放棄させられたため、この島はイギリス、オーストラリア、ニュージーランドの共同統治下に入り、以後リン鉱石事業もイギリスが代表して継続してきました。第二次大戦後は島に眠る宝の山を島民の手に取り戻そうと、島の有力者ハマー・デロバート(後の初代大統領)を中心に独立運動を展開。これに手を焼いたイギリスも1968年、遂に正式な独立を承認し、1970年にはリン鉱石事業もナウル政府によって国営化されました。こうしてようやく島の資源と、そこから得られる富が島民に行きわたるようになったわけですが、その後の展開は前述の通りで、未だ国家再建の道筋は不透明なままです。

国の特色・人種構成

特色:
太平洋南西部のミクロネシア地域にポツンと浮かぶナウル島は、1968年よりナウル共和国として独立国家を形成しています。国土面積はバチカン、モナコに次いで世界で3番目に小さく、人口も1万人程度と極めて小さな国ですが、この国は20世紀後半の一時期、世界トップクラスの豊かな国として大きな発言権を持っていた時期がありました。意外なことに、それを可能としたのは、古くからこの島に飛来するアホウドリが落としていく糞やその死骸。これが長い時間をかけて化石になる過程で、近代農業に欠かせない肥料の元となるリンが生成され、島の表土に堆積していたのです。

人種構成:
ミクロネシア系ナウル人58%他の太平洋系諸民族(主にキリバス人とツバル人)26%
中国系8%ヨーロッパ系白人8%

ナウル国旗のイラスト(フリー・商用利用可能)

ナウルのフリー素材1

ナウル国旗の画像(フリー・商用利用可能)

ナウルのフリー画像

Group of Eight

示・英都(G8)

世界を先導する八剣士。世界経済の安定を目指すために作られた先進国の侍集団。世界を導く光玉を持つ。実質ロシアが抜けており現在は7剣士となっている。

Scandinavian of GreatThree

須冠地奈毘阿・三将(スカンジナビア三将)

スカンジナビア半島の三将軍。スカンジナビアクロスを掲げ北欧を守護する

Asia of DragonTiger

亜細亜の龍虎

日本とともにアジアの均衡を保つ龍と虎

worldflags

世界各国の国旗侍

世界に点在する様々な国旗侍たち。国を愛す。